2019/11/12

2019.11.11 反省

 めっちゃキツかったフルマラソンから明けてきょうの月曜日。朝はスッキリ目が覚めたし、筋肉痛はないし、股関節にはちょっと炎症があるかなってくらい。きのうのあのキツさは何だったんだろうって感じ。そういえば、ゴールした直後に、両脚に左足、左の腰を攣って、いっとき身動きとれなかったんだけど、なっちゃんのゴールを待ち、次男のゴールを迎えたりしているうちに、すっかりなんともなくなって、帰りもクルマを運転してきているし、ホントにあの走っているときのキツさは・・・。

 きょうGarminのデータを見ていたんだけど、特筆すべきは平均心拍数かな。平均が155で、最大が170。あの苦しさはこれに尽きるね。あと、左右の着地のバランスがふだんより左に傾いていた。苦しくなると首を左に傾ける感じになるので、それが値にも出ているのかも。で、心拍数が高かった要因は、いつものわたしらしくなく、ちょっと突っ込んでいったことかな。きのうも書いたけど、スタート前に整列しているときから暑さを感じていて、長袖のアンダーシャツを脱ごうかどうか迷ったんだけど、とりあえず、そのまま走り出したら、案の定暑くて、珍しく汗をかいたというのは、Aブロックからのスタートで、まわりの速いペースにつられたというかんじかな。

 3km過ぎで給水があったんだけど、臨時の給水ポイントだったのか、テントの数が少なくて、あれっと思っているうちに通り過ぎちゃったんだよね。これ、結構心理的なダメージが大きかったなぁ。なので、きのうは最初の失敗で懲りたので、とにかく給水はちゃんととろうってきめて、その後のすべての給水で、立ち止まってしっかり飲んでから走り出すというようにしたんだよね。

 ラップを見てみると、5kmまで5:12~14/kmで入っている。この間に給水を取りそこねていて、頭ではもっと抑えようって考えていたんだけど、早く次の給水へという思いと、このときはまだ脚が軽かったので、突っ込んじゃったんだよね。その後も5:20/kmを切るペースが続いて、12km~13kmは、4:53/kmとkm5分を切っている。これは無謀だなぁ。久瀬橋に向かって下っていくあたりかな。復路の30km手前になって復路では一番きつかったところだ。調子に乗って駆け下りていったというところか。

 16~18kmが、過呼吸のようになって往路でいちばんきつかった区間。5:41~45/kmに落ちている。でも、そのあとの藤橋道の駅の裏の下りを含む19~20kmは5:12/kmとまた速くなっている。なんだかんだいって、28kmくらいまでで作った貯金があったから「サブ4」が達成できたのだから、キツイキツイと思いながら突っ込んでいったのが功を奏したということかな。

 28kmからは5:40~55/kmに落ちている。36~37/kmの1kmは、唯一km6分を超えている(6:04)。残り5kmとなったこの頃には、最悪km7分になっても「サブ4」はできるという計算ができていたんだけど、ここで、ペースを落としたり、歩きを入れたりしたら、きっと気持ちが折れて、ズルズルといっていまいそうだったので、とにかく粘ることだけを考えていた。そんな中、39kmのスイーツエイドの手前で、キツイ・・・って弱音を吐いたわたしを「だいじょうぶ、いけるよ」って励ましながら、けんさんがしばらく伴走してくれたのはありがたかった。


S74404812_679298459262548_25654736448179

 とにかくこのペースをキープ!って思ってたので、スイーツエイドはスルー(もったいないことをしたなぁ)。残り1kmの堤防上の小学生の手ぱっちんに応えながら、なんとかこらえ、ふだんなら、もう少しでゴールだ!ってす~っと楽になるはずなのに苦しいままで、残り700mのところの仲間の応援には声がでず。のこり100mの最後の角で娘(ランナー仲間の)からエールをもらったときも「キツイ・・・」としか言えずのままのゴールだった。でも、タイムだけをみれば、5:42~51/kmだから、そんなに落ちてない。左の足指は攣っていたけど、脚は残っていたってことかな。つまるところ、ラン仲間や小学生たちの応援のおかげで、気持ちを切らさなかったからいけたっていうことだ。あらためて感謝だなぁ。

Simg_6138

 でも、こんどは、突っ込まないで入って、イーブンペースで走りきる「サブ4」にしたいな。となると、やっぱり、きちんと計画的に練習を重ねないとだね。年が明けたら仕事もちょっと楽になるだろうから、真面目に取り組みます!って言っておこう。

2019/11/10

2019.11.10 ガチ走りはゴメン

今シーズンのフルマラソン初戦(といっても、もうあと1本あるだけだけど)のいびがわマラソン。目標の「サブ4」(4時間以内完走)はなんとか達成できたけど、正直、めっちゃきつくてきつくて、もうしばらくはガチの走りはゴメンだな。
<3:57:26 5:38/km>

 タイムだけ見れば、なかなか立派なサブ4だけど、実のところ、初フルのいびがわマラソンのサブ4より、うんときつかった気がする。スタート前、背中に感じるあたたかい陽射しに、長袖のアンダーシャツを脱ごうかどうか迷ったところからはじまって、結局着たまま走ったら、めずらしくいきなり汗をかいて、ところが、3kmの橋のところにあった給水を取りそこね、こころの中は少なからず「パニック」。

 その後も想定違いが続き、だんだん最高点に近づく17~18kmあたりでは、過呼吸のような状態に。藤橋の道の駅の裏側の下り坂で呼吸を整えたものの、落石の恐れがあるということで、往路を戻るかたちにコース変更された久瀬橋から揖斐峡大橋までの区間でもまたまた過呼吸のような状況になり、30km手前の仲間の応援にはまともに応えることができず、心配をかけている。

 30km過ぎからは、左足親指が攣る。かばって変な動きをすると、こんどはふくらはぎいっちゃいそうなので、ロング練習の最長が、1週間のマラニック30kmだったという状況では、とにかく、粘り切るしかない。ここは痛くても、ふつうの走りを心がける。そんなランナーには、39km過ぎから3km強の堤防の走りは、絶望的な長さに思えてくる。きょうはお天気もよく、ゴール近くの建物もくっきり見えたので、その絶望感は倍加。

 あちらこちらで応援してくれた仲間たち。この多さは、いび川ならではだね。そのおかげで、なんとかサブ4が達成できた。みなさん、ほんとにありがとう。とくに30km手間にいてくれた何人もの仲間たち、ボロボロですみませんでした。。でも、応援のおかげでなんとか粘れました。逆光で、ひとりひとりの顔がいまひとつ確認できなくて、すみませんでしした。あと、ラストの堤防上で「サブ4いける!」としばらく伴走してくれたけんさん、おなじく堤防上で、のりの良いサウンドで応援してくれたDJミントさんはじめ、みなさん、ありがとうございました。

Simg_6135_20191112000401

 きょうは、わたし、なっちゃん(次男の嫁)、次男の3人でいび川を走りました。なっちゃんは5時間2分(グロスタイムでの5時間切りを意識しようよ!)、次男も5時間40分(去年までの制限時間だったら関門アウト)で無事完走できました。でも、3人以上にがんばったのが、孫2人の世話をしてくれたば~ば(妻)だ。おつかれさま。

 次は、100kmウルトラ。今回のサブ4ガチよりは楽かなと思うけど、泥縄にならないタイミングで「ゆっくり長く」はやっておきたいね。

2019/11/09

2019.11.09 持て余す

 秋晴れの土曜日。絶好のランニング日和(ちょっと暑いくらいだ)だったけど、いびがわマラソン前日ということで、きょうは走らないと決めていた。急ぎの作業依頼の連絡も入らなかったので、正直、暇を持て余した1日。

 来週末には冬将軍がやってきて、12月並みの気温になるって、気象予報士の蓬莱さんが言っていたので、セーターやフリースなどを出してきたり、あしたは、次男となっちゃん(次男の嫁)も走るのだが、わたしがクルマを出すことにしたので、ざっと拭いてあげたり、録画してあったドラマを観たりで、のんびりと1日を過ごす。

Simg_6120

 いつもなら、夜になってから始める準備もお昼前からはじめた。時間があったおかげで、フルやウルトラの前のルーティンになっている「大福」も早々と買ってこられたし、ランニングソックスも新調できた。夕方前には、あしたのウエアのバイクジャージーにゼッケンもつけたし、シューズにチップもつけ終えた。早々と準備が終わって、こちらも時間を持て余した感じ。でも、やっぱり何か忘れてないか不安になるね。

 今シーズン初戦は、果たしてどんな結果になるのか予想がつかない。「人事を尽くして天命を待つ」というほどには、練習や調整がきちんとできたわけじゃないけれど、とりあえず、まずまずの体調でここまでこられたので、大くずれすることはないと思うけれどな。いびがわマラソンは、陸連登録しているランナーは、前方のブロックからスタートできる数少ない大会だ。そのメリットを活かして早くじぶんのペースに持ち込みたいところ。でもまぁ、お天気もよさそうだし、42.195kmを目いっぱい楽しんで、笑顔でゴールすることがいちばんだね。

2019/11/08

2019.11.08 グループ

 三連休があったので就業日が4日しかないこともあって、積み上がった仕事の山がなかなかくずせない。もっともことしは特殊事情があってのことだけどね。あさっては今シーズン初戦の「いびがわマラソン」なので、期限が決まっているものを土日に作業するってことは避けたいので、きょうもガンバりました(笑)

 今回、フルマラソンではたぶん初めて、金曜日から走らないことにしてみた。仕事の山を少しでも片付けるためというのもあるけど、中2日脚を休ませたらどうなのかなっていう検証をしてみようというところ。で、いびがわ前最後の走り(朝ラン)となったきのうは、「ガチ」でいってみた。朝ランでは、ことし最速じゃないかなぁ。

 緑地の中の2周(1周3.1km)のそれぞれ最後の1kmはkm5分を切っていたし、国道交差点から自宅までの最後の200mは4:38/kmでフィニッシュしていた。このペースが42.195km保てるわけじゃないけれど、なんとか「サブ4」死守はできそうかな。
<10.6km 5:13/km 54.5kg 11.1% 平均心拍数145>

 あすから来年4月の「奥熊野いだ天ウルトラマラソン」のエントリーがはじまる。最近、とみに人気が高まっていて、去年はエントリー開始当日に定員に達してしまったということで、ことしから抽選になっている。その発表を聴いた時には、マラソン大会の抽選はまったく当たる気がしないわたしとしては、もういいやってエントリーを諦めていたのだが、抽選と同時に採用された「グループエントリー」で申し込みませんかというお誘いをもらったので、グループリーダーさんが「勝利の女神」になってくれることを信じて(期待して)エントリーしてみることにした。

Simg_6114

 きのうは、その作戦会議という名の呑み会。すべて記入済みの申込用紙を預けたあとは、沖縄料理を肴に呑んで食べてしゃべってきた。19時30分待ち合わせだったのだが、あっという間に23時30分。いやぁ、たのしい「作戦会議」だった。そうそう、このグループメンバーで、3月1日の「丹波篠山ABCマラソン」も走ることになっている。こちらも前泊の京都も含め楽しみだな。

 あ、そうか。きのうはこの「作戦会議」のために、19時で仕事を終えてたから、きょうキツかったんだな。まぁ、楽しんだからしかたないや。来週の仕事をがんばれるように、いびがわマラソンも楽しんでこなくちゃね。

2019/11/06

2019.11.06 頼むよ、Garminくん

 月曜日の「栗きんとんマラニック」の疲れがまだ微妙にふくらはぎとかに残っている感じはあるけれど、スッキリと晴れたけさは朝ランにでる。今回は、金曜日から脚を休める予定なので、きょうとあすは、いびがわマラソン前の最終調整という位置づけ。

 はじめはゆっくり入って、緑地内2周目のラストはkm5分くらいまでペースを上げる感じで・・・というのが、けさのプランだったのだが、なんと1kmの入りがいきなり5:51/km。いやぁ、これは絶対にないなぁ・・・。1kmごとのオートラップの表示が出たのが、いつもより40mくらい手前だったから、スタート時点で、GPSを完全に捕捉できていなかったのかもしれないなと、そのまま走り続けていく。

 複数のGPSを捕捉する設定なので、スタートのタイミングで捕りそこねたGPSも、途中で補正していくはずなのだが、きょうは、つぎの1kmもその次の1kmも絶対に短い。走りなれた緑地だから、どこで何kmかってわかっているからね。つまり速いラップを刻んでいることになっていた。

 最後、ちょっと落ち着いたけど、それでも10.6kmのところ、きょうは10.86km走ったことになっていた。Garmin Connectで、地図にトレースされたきょうのコースを見れば一目瞭然。右に左に相当にずれている。これ、Garminが壊れたわけじゃないよね・・・。歯医者で結構なお金を支払っているし、今は買い換える余裕はないからね、頼むよ、Garminくん。
<10.6km 5:28/km 54.4kg 11.0% 平均心拍数143>

2019/11/05

2019.11.05 WE DO

 三連休明け。急な作業の依頼がなかったのをこれ幸いと受け止めて、いつもなら3日の休みのうち1日は何某かの仕事をしているのだが、今回はまるっとお休み。月曜日のきのうは、朝早くから夕方まで走りに行ってたしね。

 ということで、週明け月曜日のルーティンの作業と火曜日の業務が重なり、そこにさらに仕事が上積みされたので、まぁ、きょうがどんな具合だったかは推して知るべしというところ。まぁ、きのう目いっぱい楽しんできたからね・・・。そう、朝ランにも出なかった(こちらはもともとそのつもりだったけど)

 そんな中に、仕事を頑張る原動力となるものが発表になっている。来年、結成20周年を迎える「いきものがかり」の「いきものまつり2020~結成20周年だよ!! お祝いしまSHOW」というアリーナツアーが開催されるのだ。そして、ことし12月25日には、5年ぶりのフルアルバム「WE DO」が発売となる。これまたうれしいクリスマスプレゼントというところ。

S1572772247928768x861

 放牧が終わって集牧宣言をして活動を再開したものの、なんだかイマイチ地味な感じで、以前のようなパワーを感じられなくて、正直なところ、このままこんどは「解散」ってことになるんじゃないかなって思っていたので、この矢継ぎ早の発表は本当にうれしい。

 ただ、このアリーナツアー、6都市7会場12公演の中に名古屋がない。ことしというのなら、いつも名古屋でのアリーナクラスのLIVEの会場となる「日本ガイシホール」が改装中だからダメだっていうのはわかるけど、来年9月~11月にかけてのツアーなのに・・・。まさかの「名古屋飛ばし」はショック。でもまぁ、無職の身のはずだから、どこだって行けちゃうといえば行けるんだけどね。で、はじまったファンクラス先行抽選には、9月の静岡エコパアリーナで参戦の予定。ついでに妻と旅行がてら横浜も狙ってみるかな。・・・って、このことを考えている間は忙しさを忘れられるな。

 あ、そうそう、このアリーナツアーの前に、春から初夏にかけて行われるホールツアーの二次予約もはじまった。もちろん、ハズレてしまった名古屋公演にエントリー。枚数はかなり少ない(一次で当たったのに入金がなくて残った分らしい)から、厳しいのは承知しているが、ここはなんとか当てたいものだ。

 12月のCD、春のホールツアー(とりあえず三重県文化会館のチケットは取れている)、そして秋の「いきものまつり」・・・個人的には、オリンピックよりう~んと楽しみだ!

2019/11/04

2019.11.04 栗きんとんマラニック

 快晴の三連休最終日、念願だった「栗きんとんマラニック」を楽しんできました。このマラニック、中津川駅をスタート・ゴールにして、走って栗きんとんのお店をまわるという、約30kmの楽しく「美味しい」もの。これまで、民生委員さんのおしごと(今年はきのう開催されたひとり暮らしのお年寄りのためのお食事会)と開催日が重なることが多くて、参加が叶わなかったのだけど、ことしは振替休日の4日月曜日開催ということで、ようやく走ることができたもの。

S74714972_3307444459296535_2606257589108

 コースも、実施要項もくわしく知らないというのに、ペーサーを務めるグループリーダーとしてお手伝いすることを申し出てしまったのだが、朝、地図を渡された瞬間、うわぁ、これは無謀だったかなと思いきり後悔した。ふだんはスィーパーを務めることが多く、ペーサーを務めるのは、じぶんが主催したイベントだったり、あらかじめ下見をしておいたイベントなので、きょうのように、初見でコースを先導するのはほぼほぼ初めてのこと。いくら地図は読めるほうだと言ってもね・・・(汗) でも、去年までのこのイベントに参加していた人や、標識を見つけてくれたグループメンバーに助けてもらって、なんとか中津川駅まで帰ってこられた。ご一緒したメンバーさんに感謝です。

 グループ分けで、よく知っているメンバーを集めておいてくださった主催者のFさんの配慮にも感謝です。コースは、歴史を感じさせる町並みが多く残る中山道を走ったり、苗木城址へ四十八曲がり(登山道)を登ったりと変化に富んでいたし、急坂がアクセントになっていたりでなかなか良く練られた楽しいものだった。ただ、急坂をはしゃいで駆け上ってしまったことで、両脚ふくらはぎを攣ってしまって途中リタイアしなくてはいけなくなってしまったメンバーを作ってしまったのは、ペーサーとしてはちょっと失敗だった。

 わたしの主催する坂道ばかりの「坂コレ」では、急坂の何本かは、行ける人は駆け上がって頂上で待っててくださいと先に行かせて、全体は無理をさせないペースでキープするのだが、きょうは、はしゃいで駆け上ってしまったから、無理をさせちゃったような気がするんだよね。20km過ぎだったし、ちょっと注意しなくちゃいけなかったところだったな。

 両脚攣ってしまって歩くこともできなくなってしまったメンバーさんなのだが、トライアスリートのメンバーさんが、適切な処置をしてくださり、さらにキネシオテープを持っていたメンバーさんがいて、それを使ってトライアスリートさんがテーピングを施してくださり、その間に、最寄りのバス停の時間を調べたり、タクシーを呼んだりしてくれたメンバーさんもいて、リーダーとしては、ほんとに助けられました。ここで、あらためて、きょうご一緒してくださったメンバーさんに感謝をお伝えしたいです。ほんとうにありがとうございました。
<30.5km 平均移動ペース約7:00/km 平均心拍数119?>

S76182381_407026776899098_54501153631927

 写真、拝借しました。

 おまけの話。きょうは名古屋~中津川間を、往復特急「しなの」を利用したのだが、行きは、車内で買おうとお金を用意して待っていたのに、中津川に着くまでに車掌の車内検札がやってこなくて、特急券を買わずじまい。帰りは、自由席はデッキまで人でいっぱいということで、これまた名古屋まで検札はなかったので、特急券を買わずじまい。モバイルSuicaの普通運賃だけで行ってきてしまいました。JR東海さん、ごめんなさい。

«2019.11.03 一生に一度

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味