2019/04/23

2019.04.23 揺れる

 肺炎の診断から8日目。けさ朝食後の服用で「飲みきり中止」。そして、10日ぶりに走りにでる。10日前は、朝方大量に汗をかいて熱が下がったからと走りにでたものの、よく走っている坂で息切れして歩いてしまうなど、体調の悪さを実感しただけのものだったから、きょうの再開は不安がいっぱい。でも、坂でアップアップになったのって、診断が下る前だったけど、きっと肺炎のピークだったはずなので、一応の「完治」というお墨付きをもらった今は、あの時とはちがうはずと思いながらのスタートだった。

 心拍数を150以上にあげないようにして、どれくらい走れるのかを確かめるというのがきょうの目標というか設定。なので、きょうのGARMINには、タイムやペースを表示させず、心拍数の画面にして走ってきた。

 1kmの入りが6:26/kmで、平均心拍数が134。おや?意外に走れるなっていう感じ。1km~2kmが6:01/kmで、平均心拍数145。ここまで息が上がるようなことはなかった。2.2kmで緑地に入り、1周目の周回の後半は、5:57/kmまでペースが上がる。ここでも平均心拍数149とギリギリ目標(想定)以内をキープ。息が上がっていない。

 息が上がるようならやめておこうと思った2周目に「気持ちよく」突入。この3.1kmも平均して6:05/kmペースをキープでき、平均心拍数も148で走りきれている。結果、10.6kmを6:08/km 平均心拍数146で走り切ることができた。

 もちろん、今月はじめ、風邪にも肺炎にもかかっていなかったときには、5:39/km、平均心拍数133とか、5:40/km、平均心拍数140とかで走っていたわけなので、あきらかに心肺機能は低下しているのだが、病み上がりとしては、思ったより走れたなというのが正直なところ。きのうの夜までは、DNSを選択して、当日は、クルマで移動しながら何ケ所かで仲間の応援したり、観光したりして過ごそうと、移動プランを練ろうとしていたんだけど、急に、週末の「奥熊野いだ天」のスタートラインに立つことに欲がでてきてしまった。

 10.6kmのこのペースが、10倍の100kmにそのまま通用する訳がないし、圧倒的に練習量が少ないので、最後までもたないだろうと考えるのが妥当なところなのだと、頭では理解しているし、今回一緒にでかける妻に至っては、もう完全に「日曜日は観光」というモードに入っているので、それを覆してスタートラインに立ったとして、ゴールテープをちゃんと切れるかと問われれば、自信は正直、ない。でも、km6分なんていう速さは全然必要ないんだし・・・とこころは揺れる揺れる。DNSするにせよ、現地に行くことは間違いないので、ここはもう少し悩んでみようかな。

 きょうは、わたしの所属している部ではなく、業務で密接な関係のある他の2つの部の上長が名古屋にいらっしゃるということで、ランチミーティング(気取った言い方だなぁ・笑)に、名古屋駅まででかけてきた。おふたりとも、異業種から最近、うちに来られた方なので、わたしのように、どっぷりとハマってしまっていて、なかなか1歩が踏み出せないでいることも、かるくひょいとまたいでしまいそうな感じがするのが頼もしい。

 わたしのようなロートルはどうでもいいんだけど、うちの会社全体に、ちょっとトラップに嵌ったような感じの停滞感があるので、変なしがらみのない新鮮な発想で、救い出してほしいなってところ。思えば、うちの会社も創業当時は、業界の慣習にことごとく逆らってきたんだよね。なんか、その頃の尖った感じを思いださせてもらったなぁ。わたしの会社生活は、あと1年かな。その間に、何かあたらしい画のひとつでも見られたらいいなぁ。

2019/04/22

2019.04.22 飲みきり中止

 本日、内科を受診。血液迅速検査を受ける。結果はCRP1.9、白血球5100ということで、「飲みきり中止」という診断がでた。処方されている抗生物質などが、あとあすの朝まであるので、そこまで服用して、治療終了ということ。つまりは、これで安静から日常生活に戻ってよいということだ。最後の最後になって「小さな肺炎だったということですね」ってつぶやかれたけど、まぁ、何にしてもほっと一息。

 では、、日曜日の「奥熊野いだ天」に向けて、急ピッチで仕上げることにしよう・・・かというと、正直、自信がない。あすの朝、10日ぶりに走ってみようと思っているのだが、おそらく、心肺機能の衰えは著しいものがありそうで、5日やそこらで取り戻せるようなものではない気がする。脚はたぶんだいじょうぶだと思うんだけどね。

 となると、「奥熊野いだ天」はDNSにして、応援に行くことに切り替えて、6月の「高山」に向けて、ゆっくり走れるからだを作り直すことにしたほうがいいかも。まぁ、とりあえずは、あしたどのくらい走れる、いや、走れないかを確認してみることからだな。

 10連休に向けてのカウントダウンが始まった週明け月曜日。個人的には、5月1日・2日に振替出勤を申請していて、10連休にはしないのだが、SNSを見ていると、カレンダーどおりになんか休めないという声が目立っている。もっとも、休めるよ、遊びに行くよっていう書き込みは、書きにくい空気になっているから、ホントは、カレンダーどおり休める人のほうが、大多数(?)なのかもしれないけれどね。現にJRの予約は過去最高という話だし。

 要は「貧乏性」なんだろうな。あるいは、極めて「昭和的」といえるかも。さすがに、休むことに罪悪感を覚えることはなくなったけど、まだまだ休むことに慣れていないということなのかな。来年の今頃は、定年後の嘱託契約も終わるから、毎日が「お休み」ということになっているはず。少しずつ「休む」ことに慣れるようにしていかないといけないかもね。

Simg_5555

 画像は、食卓を彩る庭で咲いた花たち。

2019/04/21

2019.04.21 それ見たこと

 「安静」ということばを辞書で引くと、
1. 安らかで落ち着いていること。また、そのさま。
2. 病気治療のため、静かに寝ていること。
 とある。

 ネットでいろいろ見ていたら、こんな事も書いてあった。「1日の風邪から回復するには3日かかる」。つまり、風邪に1週間かかっていた場合は、完全にいつもどおりの活力ある状態に戻るまでには3週間はかかるということになる。

 入院するような病気をしたことがないせいもあるが、「安静」ということに対する認識が相当甘かったようだ。今回の「肺炎」の診断については、4日間真面目に点滴に通院したし、クスリも忘れずに飲んでいるし、体感的にはジョグなら再開できそうな体調だけど、週明けの医師の診断までは自粛と決めていることなどで、じぶんとしては、じゅうぶんに「安静」に過ごしているつもりだったのだけど、医療従事者の目から見たら、きのうの行動は、およそ「安静」とはいい難い「とんでもない」ものだったようだ。

 たしかに、先日亡くなったモンキー・パンチ氏の死因も「肺炎」だったし、侮っちゃいけないよね。これで、あすの診察(血液検査)で、回復が遅いって言われたら、「それ見たことか」ってことになるよね。自業自得といえばそれまでだけど、愚か者でした。

 きょうは、週末の買い出しに、クルマで10分ほどのところにある食品スーパーにでかけたこと、おひるごはんに、クルマで3分ほどのところのCoCo壱番屋に行った以外は、うちの中で、録りためてあったドラマを3本見たりして、1日を終えた。そして、今夜は、お泊り保育で孫たちがきている(寝ている)ので、夜のドラマを観ることができないので、たぶん時間を持て余して早く眠ることになるはず。これなら「安静」っていえる範疇だろうか。

 ただ一方で、「病気のある人は安静をとりすぎないように」という記事もあった。それによれば、病気やけがのため「安静第一」や「無理は禁物」と思い込むことで、生活不活発病になる恐れがあるという。どの段階なら、安静第一なのかといった、具体的な判断基準が示されていなかったので、今のわたしの状態がどうなのかということはわからないけれど、いずれにしても、あすの医師の診断を待つことにしよう。あまり話し方の上手な医師ではないので、疑問に思っていることは、こちらからキチンと尋ねるようにしなくちゃね。

 何はともあれ、あしたですね。

2019/04/20

2019.04.20 はなもも

 お天気は抜群に良さそうなのに走るのはまだ自粛だし・・・と、昨夜、急遽立てたおでかけプランが「はなももを見に行こう!」「お風呂に入ってシャンプーしよう(笑)」というもの。

S01

 8時出発で、めざすは昼神温泉。5000本のはなももが咲き誇る月川温泉郷の「花桃の里」はまだつぼみということで、22日から開催予定だった「はなももまつり」が急遽26日からに順延になったようだけど、飯田山本インターから昼神温泉にかけては、見頃ということで、名古屋方面からの本来の高速出口の園原インターを通り越して、飯田山本インターから「はなもも街道」を上っていく。まだ、枝垂れ桜や山桜もまだまだキレイで、街中が花にあふれている感じ。

S02

 昼神温泉あたりのハナモモと桜とミツバツツジなどを楽しんだあと、日帰り温泉の「湯ったり~な昼神」へ。真っ青な空を見上げながら、ヒノキでできた大きな樽のような露天風呂につかってきた。午前中から幸せなことですなぁ。あ、シャンプーもしました(笑)

S03

 お昼は、やっぱりお蕎麦だよねということで、手打ちそば 吉長里で天ざるそば。席に通されるまで50分。席についてお蕎麦がでるまで30分。丁寧な仕事だっていうのはわかるし、天ぷらもおいしかったけど、う~ん、もうちょっとなんとかならないものかなぁ。

 帰りは、すぐに高速にはのらず、「はなもも街道」で清内路峠を越えて南木曽町の方に下りる。この道沿いもずっとはなももがあるのだが、昼神温泉から上り始めると、まだつぼみの状態。この分だと、ゴールデンウィーク明けまで楽しめるかもね。峠道の途中にポツンとあるベーカリー「アントン」によってきて、今夜の夕食はここのドイツパン。明太フランスが美味しかったなぁ。

S04

S05

 てなわけで、ランで走りはしなかったけど、赤いノートe-powerで270kmほど走ってきた(直近の燃費は25.1km)。ホントはもっと「安静」にしてなくちゃいけないんだろうけど、このお天気にうちでじっとしてろっていわれてもね。まだ、咳はおさまっていないので、あすこそはもっと安静にします・・・(できるかな)

2019/04/19

2019.04.19 希望の光

 点滴通院しなくてもよくなったが、その分の抗生物質のクスリが増えたので、ふだんから服用しているコレステロールと尿酸のクスリを加えると、朝、飲まなくちゃいけないのは、いったい何錠あることやら。朝、それを並べて準備していたら、上の孫に「じ~じ、大変だねぇ」って言われてしまった。下の孫は、粉薬の「水色」と、1錠だけ少し大きいピンクのものがあるのを、無邪気に「キレイ」って言ってた。

 そんな孫たちを8時30分前に保育園(幼児園)に送り込んで、6回目の「お泊り保育」終了。今回がいちばんスムーズだったかな。お泊り保育は、今月あと2回だ。

 国立社会保障・人口問題研究所がきょう発表した世帯数の将来推計によると、2040年の世帯総数は5075万世帯となり、2015年より4.8%減少するとされている。ただ、世帯主が75歳以上の世帯がm2015年の888万世帯から1217万世帯へ増加するので、全世帯の4分の1が、75歳以上が世帯主の家ということになる。

 また、この2040年の推計では、全世帯に占める一人暮らしの割合は39.3%で1994万世帯。このうち75歳以上の独居は512万世帯で、全体の10.1%になるとしている。今、民生委員のお仕事をさせてもらっているが、名古屋市16区の中で、高齢者率が最も高い南区は、もう肌感として、「高齢者のみ世帯」の比率は、もうすでにこのレベルに達しているような気がするな。

 先のクスリの話に戻るけれど、やっぱりまだ処方されるクスリが多すぎるような気がする。処方箋調剤薬局の待合スペースにいると、袋いっぱいのクスリを提げて帰っていく年配の方が多い。「高齢者のみ世帯」は、健康でいてもらわなくてはいけないので、予防のためのクスリは必要ではあるけれど、このままじゃ、年金だけじゃなく、健保も破綻しちゃうよね。

 介護保険料って、あまりおおっぴらになっていないけれど、年々高くなっているよね。わたしは定年後の再雇用で収入が上がっていないので、公的保険料のアップ分は、そのまま手取り額に響いてくるんだよね。この春は値上げラッシュだし、秋には消費税も上がるし、なんか先行きに希望の光が見えない感じだなぁ。体調もイマイチだし・・・。

 って、後ろ向きな話は置いておいて、週末だし、あすはお天気も良さそうだし、走るのは自粛としても、なんかうちにじっとしてちゃもったいないよね。どこか行きたいなぁ・・・って、こんな時間から(笑)

Simg_5554

 画像は、けさのうちの庭のコデマリ。

2019/04/18

2019.04.18 点滴通院終了

 内科診察・点滴4日目。ようやくCRPの値が6.8まで下がったので、お約束どおり点滴通院はきょうまで。週末に向けて、内服薬に切り替えて様子を見ることに。これで、週末、弾けちゃうと、週明けの「完治」宣告を受けられないことになっちゃうから、ここはホントにおとなしくしているしかないかな。もっとも、咳がなかなか収まらないので、いまのところはっちゃける気分にはなれないんだけどね。

 粉薬の咳止めは処方してもらっているのだが、先生曰く、あまり咳止めを強くしてしまうと、痰がうまく切れなくなるなどの影響もあるということらしい。でも、いい加減なんとかしたいというニュアンスを伝えたところ、ツロプテロールテープなるシールのような貼り薬を処方してもらえた。気管支を広げて呼吸を楽にして、喘息や気管支炎等の症状を改善するということだけど、これで、今夜は咳き込んで目覚めるってことはなくなるのかな・・・(なくなるといいな)

 基本、医者嫌いなので、今回のツロプテロールテープというクスリの存在は全然知らなかった。きょう処方されているのはジェネリックなので、かなり昔からあったということなんだよね。こんな風に、すぐに何種類ものクスリが並べられてしまうんだから、医療費の増大が止まらないわけだ。

 きょうは、6回目の「お泊り保育」。さすがに、孫たちも慣れてきたんだろうね、ようやく夕食~お風呂~就寝までがスムーズに進んだかな。これまでも、朝はとくにトラブルなくきているから、とくに心配はしていない。上の孫のスイミングの用意を忘れずに持ってでることくらいかな。なんだかんだで、全8回のお泊り保育も、きょうが終われば、あと2回。ば~ばはそれなりに大変だったと思うけど、なんとかなるもんだね。

2019/04/17

2019.04.17 安静にしててね

 肺炎の診断から3日目。きのうは、CRPの数値が逆に上がっているという衝撃的(?)な結果だったが、2日連続の点滴、そしてキチンと薬を服用し、安静・・・う~ん、きのうの夜はちょっとタオルをぶん回したりしてきたけど、まぁ、それ以外はおとなしくしていたというのを受けてのきょうの結果は果たして。

 採血、点滴の前の診察では、今の状態を問診される。きのうの夜は、2度ほど咳き込んで目覚めたが、汗をかくということはなかったと伝える。とりあえず、熱はでなくなったということだね。聴診器をあてても、気管支などでもとくに気になる音はしないので、徐々に快方に向かっていると思いますよとのおことば。この先生、基本的に「安心理論」という感じの話し方だな。そういって、きのうはその後の検査結果に、一瞬、言葉を失っていたけどね。

 点滴を終えて、再度、先生の前に。「うん、下がってきましたね」と開口一番。でも、9.9とまだ高めなので、もう1日点滴にきてもらいましょうかと、すぐにトーンダウン。このCRPの値が、7くらいまで下がっていれば、内服薬に切り替えて、点滴に通わなくてもよくなるはずだったのだが、まだ下がり方が足りないってところみたいだ。

 「小さな肺炎でも、入院となればだいたい1週間としたものですから、あすまで点滴に通っていただいて、あとは週末までおくすりを飲んでいただいて、ちょうど1週間で完治という感じですかね。」って、またまた先生なりの快癒へのスケジュールを口にされるが、このリップサービスが、なんども修正を余儀なくされて、都度、淡い期待を打ち砕いていることに気づいているのかな。ネガティブな話をされるよりはいいけど、あまり「安心理論」に寄りすぎるのもね(笑)

 診察室を出る間際、「まぁ、ゆったり横になって安静にしていてくださいね」と声がかかる。デスクワークですけど、休んではいられないですって言おうかと思ったけど、まぁ、そんな大人げないこと言ってもしかたないから、何もいわなかったし、きのうLIVEでタオルぶん回して弾けてきましたとは口が裂けても言えないわな。でも、そうかぁ、肺炎ってそういう病気なのねって、ようやく受け止められる。ということで、今週土曜日に予定していたランイベントの中止・順延を決め、参加ポチしてくれてた仲間にメッセンジャーでお詫びをしておく。

 きのうの「いきものがかり」のLIVEは、なにがあっても外すわけにはいかない重要なものだったから、できれば行きたくない内科を受診し、人生初の点滴を受け、言われるがままにクスリも服用したわたし。なので、そのことでたとえ、快癒が先送りになっても、「入院」だけは何が何でも避けなくちゃいけなかった選択肢だった。最後の「安静にしててね」というのは、それを見越したうえの「皮肉」だったのかな。

 ということで、本日は、もちろん仕事だったので、横になったりはしなかったけど、デスクワークを淡々とおこなって終了。ヤクルトミルミルのCMがよく流れるようになった(妻がテレビを観ているその音が聞こえてくる)のが、きょうの心の拠り所(笑)だったな。

«2019.04.16 2年8ヶ月ぶり

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味