2018.05.26

2018.05.26 ゴミ袋

 きょうも真夏日になるという予想だったけど、雲が広がっている時間も多くて、最高気温は27.7℃止まり。まぁまぁ過ごしやすい1日だったよね。

 けさは、町内の「廃品回収」のお手伝いからスタート。回収業者のトラックが来る前に、町内の家々から集めてきた古紙やアルミ缶などをコンテナバッグに詰めていく作業などをしたのだが、新聞や雑誌、ダンボールはきちんと紐で縛られていて、整理も簡単なのだが、アルミ缶については結構ずさんなものが多かった。スチール缶やペットボトルが混ざっていたというくらいはまだマシで、ビールが残ったものがそのまま袋に入れられていて、異臭を放つわ、ベタベタだわ・・・ってな具合で作業者泣かせなものもあった。ホントは軽く洗いでということなんだろうけど、せめてきちんと空にしておいてほしいもの。

 陽が傾いた16時過ぎからは、庭の草むしり。建物の裏側(北側)は、ツバキやモクレン、リキュウバイなどの樹木ばかりで、草花を植えていないので、頻繁に見ることがない。ツツジが終わってからはほとんど見ていなかったなぁ・・・なので、どくだみがやりたい放題(?)って感じ。ということで、ブチブチと引き抜いていく。とはいっても、地下茎は残るから、いたちごっこだけどね。こちらは、可燃ごみの袋2袋にもなった。

 てなわけで、きょうはゴミ袋と仲良くした日ってところ。さて、あしたは、中京競馬場のバックヤードマラソン以来2週間ぶりに走る予定。6月10日の「飛騨高山ウルトラマラソン」対策のLSD(Long slow Distance)ということで、52kmほどのコースを設定したんだけど、ちゃんと全コース、ペーサーを務められるかなぁ・・・。本番の完走についても、不安を感じるけど、まずは、あす「完走」できるかどうか・・・。まぁ、だいじょうぶだとは思うけどね・・・

2018.05.25

2018.05.25 研修

 きょうは年次有給休暇を取得して、民生委員の春の研修(?)会。研修といっても、行き先は知多半島で、盛田の味噌蔵を見学し、豊浜の「まるは食堂」で食事(昼間から呑む)をし、さかな広場、えびせんべいの里に寄って帰ってくるという行程だけどね。

 昼食の前にまるは食堂の会議室で、配布資料を基に少し話し合いをしたし、古くからの委員さんに言わせると、往復のバスの中だったり、食事(呑み)の間も、貴重な情報交換の場だから、それでいいんだよっていうことだった。たしかに、わたしにとっては、いろいろ参考になる話が多かったなぁ。う~ん、それよりも、この人、呑むとこういう感じなるんだっていう発見も多かったけど。

Simg_4219

 お昼のメニューは、ワタリガニ(メス)、しゃこ、鯛のお造り、鯛の塩焼き、そして名物のエビフライ(昔に比べると小ぶりにはなったけどね)など。昼間から焼酎もいただいたし、いやぁ、申し訳ないねぇ・・・とはいっても、この「豪遊?」の費用は、じぶんたちで積み立てているもので、決して「タダ酒」ってことじゃないんだよね。

Simg_4220

Simg_4221

 ウィークデーに休むとじつは結構大変で、近場で帰りも早かったこともあって、帰ってきてから急ぎの案件には対応してあげなくちゃ・・・ってことになるよね。もちろん、お休みなので、あくまでボランティアですけどね。あっ、こんなこと書くとまた叱られちゃうかなぁ。誤解のないように書いておきますが、決して年次有給休暇をちゃんと使わせてもらえなかったというわけではありません。わたしが、みずからの意思で、今やってあげようと思っただけのことで、会社から強要されたわけではありません。

 あしたもう1日、足を休めて、日曜日は走るぞ!

2018.05.24

2018.05.24 守る

 気温の変化大きくて、気候が安定しないせいか、孫の保育園は風邪気味の子が多いらしい。この間の週末、上の孫がそれをもらってきたみたいで、ぐったりしていたらしい。で、きのうは次男の嫁(孫たちのおかあさん)が、吐き気と発熱でダウン。孫たちの保育園の送り迎えに、夕食、お風呂までじ~じとば~ばがサポートしてあげた。ば~ばはいろいろ大変だけど、じ~じは下の孫とはじめていっしょにお風呂に入れたりしたものだから、結構楽しんでいたかもね。

 明けてけさ、嫁は復活したものの、こんどは下の孫がもどしたので、保育園はお休みして医者に連れていくとのこと。きのうはふつうにしてたのにな。お風呂でもニコニコしてたし。きょうは上の孫の送り迎えをしてあげただけだけど、小さいうちはいろんなことがあるね。

 俗に言う「スープの冷めない距離」(う~ん、ちょっと冷めちゃうかなぁ・・・笑)だから、こうして突発的な事態にも臨機応変で対応してあげられるので、わたしたちも助かるし、こどもや孫たちも助かっている(と思ってくれてるよね)はず。わたしたちは親との同居というかたちを選択したけれど、おたがいの気兼ねということを思うと、この距離感がいいのかもね。

 親が子を守るというあたりまえのことと同様に、チームの監督が選手を守るというのは当然のこと。そういう意味では、日大のアメリカンフットボール部の選手たちは、指導者に恵まれなかったよね。気の毒なことだと思う。この期に及んで、言った言わないとか、どっちが正しいとか間違っているかなんてことはどうでもよくて、指導者としてしなくてはいけないのは、悪質な反則プレーを真摯に謝罪すること、指示と誤解したのかもしれない自らのチームの選手を守ってあげること、今後二度とこのようなことが起きないようにチームを一新することなんじゃないかと思うんだけどな。憤りを通り越して、もううんざりだなぁ。

2018.05.23

2018.05.23 乗っ取られた

 フェイスブックのアカウントを乗っ取られました。お友達のみなさんに「レイバンスパム(架空のイベントの案内)」が配信されてしまいました。多くの方にご迷惑をおかけしてしまい、ほんとに申し訳ありません。

 取り急ぎ、不正ログインをすべて削除した上で、パスワードを変更したので、一応の収束がみられていると思います。ログイン状況を見にいったら、東京練馬、北海道帯広、東京東久留米の3つの不正ログインが確認できました。レイバンスパムをとばしたのは、東京練馬のログインと思うのですが、一気に拡散するんですかね。

 実は、乗っ取られた経緯については、ちょっと覚えがあるんです。FacebookもAppleIDなども、パスワードを変更したり、まったくあたらしいデバイスからアクセスしたりすると、メールで確認してきますよね。今回のパスワード変更でもすぐに確認がきました。今回、Facebookを閲覧している時に「ログインの確認」というような画面が表示されたんです(履歴をたどったけど、画面キャプチャーが見つからない)。ページの色使いもフォントもFacebookのページそのものだった(ような気がする)ので、確認の意味で「OK(ログイン)」をクリックしたんですよね。よくよく考えれば、画面でログインを確認してくるというのはおかしいんですけどね。

 これまで、この手の偽サイトや、スパムメールにはひっかからなかったんだけどなぁ。すぐに7~8人から、メッセンジャーで「レイバンスパム」きたよと教えてもらえたので、すばやく対策が取れて助かったなぁ、その後、タイムラインに「お詫び」と「注意」の書き込みをあげたんだけど、それを見る前に、メッセンジャーで知らせてくれる方も続いていて、ほんとめっちゃ多くの方にご迷惑をおかけしたんだなぁ・・・と身を縮めてます。ほんとスミマセン。

 みなさまもお気をつけくださいね。

2018.05.22

2018.05.22 情けない

日大のアメリカンフットボールの選手による悪質な反則について、反則をした選手本人が実名公開、顔出しの記者会見というかたちで、その経緯を語った。警察に被害届がでているという状況で、その対象となっている本人が会見で語るって異例中の異例だね。

 語った内容をネットニュースで読んだけど、「顔を出さない謝罪はない」との理由で顔出しすることを決意したという覚悟もさることながら、試合に出るためには「相手QBを潰すしかない」と追い込まれていった経緯を極めて率直に語ったことには敬意を表したいくらいの気分。もちろん、行なった行為はどんな理由、どんな指示があったにせよ肯定できるものではないけれどね。そうそう、監督よりも先に、個人として相手選手とその家族に謝罪に行っていたんだそうだ。はじめは「謝罪に行きたい」っていうのを止められたというから、日大は何を思っていたのかまったく解せないね。

 これを受けて、前監督、コーチ陣、そして大学関係者がどういう回答をするかということだけど、もう完全に遅きに失しているわけだから、どんな御託をならべても、これはもう非があることは明らか。ボタンをかけちがえたよね。内田前監督が相手QBに謝罪に行ったあとの伊丹空港での会見の映像を見ていて、全然反省していないなって思ったのはわたしだけじゃないだろう。

 相手の大学名をなんども言い間違えたのも気になったけど、あのキレイなピンクのネクタイはどうなんだろうね。日大カラーということらしく、学内であれば「正装」ということなのかもしれないが、そんな事情を知らない被害者とそのご家族の目にはどう映っただろうね。わたしは、違和感のかたまりだったなぁ。東京に移動して、羽田空港での囲み取材の時には、ノーネクタイ姿だったから、まずいよって声があったんだろうけど、傲慢さに気がまわらないくらい、日大に君臨していたってことだろう。権力が集中することで、まわりが見えなくなっていたんだろうなぁ、情けないことだ。

 加計学園問題をめぐる愛媛県の新しい文書のニュースは、この会見のニュースにすっかり隠れてしまった(敢えてそうしたのかな?)。「その日に会ったことはない」「官邸の記録でも確認できなかった」と、安倍総理は、今回も明確に否定しているけど、よほど逃げ切れる自信があるとみえる。せっかく、これだけの材料がでてきているのに、野党の追求はイマイチなのも情けない。「いつまでもダラダラしてんじゃないよ、やらなくちゃいけないこと、決めなくちゃいけないことがいっぱいあるよね」って感じで、正直、うんざりしているところもある。

 国会はちゃんとその仕事をする場にして、加計学園も森友学園も、第三者に徹底した調査を行わせたほうがいいだろうにね。ホントは、司法の場で公正に裁ければいいんだけど、刑事罰に値しないことばかりだからなぁ・・・。なんか、すっきりしないよねぇ・・・どれもこれも。

2018.05.21

2018.05.21 暴挙

Simg_4216

 以前にも書いたのだが、生命保険会社の担当さんと相性が悪いというか、どうにも折り合いがつけられない。少し前に妻に契約の見直しの提案書を押しつけていったのだが、きょうは、お昼すぎ、アポなしでドアホンを鳴らすという「暴挙」にでられた。

 最初に応答した妻が、「鬱陶しいからとにかく出るだけ出て」というので、玄関先まで出ていってみた。「アポなし」を責めて門前払いしてもいいのだが、まぁ、ここは一応「おとなの対応」ということで、玄関の門扉を挟んでの立ち話には応じてあげた。

 すかさず「ディズニーツムツム」のハンドタオルを差し出してきたけど、ものにつられるつもりはなく、「ご提案書は拝見しましたけれど、見直しは考えていませんので」と、とりあえず機先を制しておく。それでも、今の保障内容をそのまま更新すると毎月の掛金がほぼ2倍になるので、この機会に内容の見直しをということを必死にアピールしてくる。

 相性が悪いからとこちらが聞く耳をもたないせいなのか、そもそも説明が下手くそなのか、なぜ更新まで2年近くある今の時点で見直しが必要なのかが、まったく理解できない。それどころか、苛立ちを抑えられなくなりそうだったし、きょうはそれほど忙しくてしかたないわけじゃないのに、なんか急に1分1秒がもったいなく感じられてくる始末。わたしをイライラさせるってなかなかのものだと思うなぁ(笑)

 とにかく、言っちゃあ悪いけど、この人よく続いているなぁ・・・っていうのが正直なところ。もっとも、わたし以外のお客さまとはとても良好な関係を築けているのかもしれないけれどね。

 きのうまで読んでいた佐藤正午の「鳩の撃退法」の中にも書かれていたけど、相手にことばを届けるっていうのは、とてもむつかしいもの。ただただ一方的に送りつけただけではカスリもしない。なかなか会えないからってアポなし突撃なんていう暴挙にでているようじゃ、心を開くなんてことは永遠にないだろうな。

※画像(今日18時30分の空)と本文には何の関係もありません

2018.05.20

2018.05.20 怪我の功名

 朝6時に起きて、「飛騨高山ウルトラ」に向けての8時間走をする仲間たちのスタートのお見送りに名城公園へ。きのう1日、ロキソニンの服用を我慢したけれど、夜中になって腫れと鈍い痛みがまた少しぶり返したこともあって、走れない、いや走らないほうがいいということはわかっているけど、やっぱり、悔しかったり、うらやましかったり・・・。クルマを走らせていても、マラニック風のランナーの姿が妙に目についたりするしねぇ。まぁ、とにもかくにも、今は辛抱のとき。

 ということで、オークスの中継を見た以外、ひたすら読書の日。佐藤正午の「鳩の撃退法」を読了。上巻を読み終えた時に読書メーターに書いたけど、好き嫌いがはっきり別れる本だと思うのだが、わたしは好きだなぁ。俗に言う伏線の回収が見事で、読んでいてついついにやけてきてしまう。1日かけて下巻を一気読みできたので、本好きにとっては「いい1日」だったって言えるな。こういう休日を過ごせたことを「怪我の功名」ということでよろこぶことにしよう。

 オークス。今回も7枠13番の「アーモンドアイ」。桜花賞はその13番ということで頭にしたのだが、あの末脚に惚れ込んで、今回は文句なしで頭として馬連流し。距離適性が唯一の不安材料だったけど、まったく杞憂だったね。4番人気のリリーノーブルが2着に食い込んでくれたので、1.190円の配当は、1番人気からの馬連としてはまぁまぁだね。さぁ、来週は「日本ダービー」だ。

«2018.05.19 おてらおやつ劇場

May 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Categories

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味