« 2005.05.12 疲労回復 | トップページ | 2005.05.14 わかりやすく »

2005/05/13

2005.05.13 13日の金曜日

 きのうの雨が嘘のようにキレイに晴れあがった13日の金曜日の朝。じぶんが13日生まれで「13」はラッキーナンバーと思っているからか、なんかきょうは逆にいいことがあるんじゃないかなというくらいに考える「お気楽」なわたし。

 5日ぶりのJOGは、脚に疲れもなく快調。北よりのひんやりした風が強く吹き抜け、半袖からでた腕がちょっと冷たく感じられる快適なRUN日和。緑地には水たまりができていたり、遊歩道の真ん中あたりまで落ち葉が打ち上げられていたりで、きのうの雨の強さをあらためて感じたりする。

 帰り道、JRの駅近くの狭い道に救急車が止まっていた。どうやら自転車同士が出会い頭に激突したらしい。中年の女性が後頭部をおさえて座り込んでいて、もうひとりの若い女性はその時の様子を救急隊員に説明しているようだった。走っていて出会い頭に自転車と激突した経験も1度や2度じゃないわたしとしては、背筋が寒くなる光景だった。自転車同士となるとぶつかった衝撃も大きかったのかもしれないが、大したケガではなさそうだったのが不幸中の幸い。そのわたしも、きょうは横断歩道というのに目の前を車に横切られること2回。じぶんの身はじぶんで守らなくてはいけないのだから、気をつけなくちゃ・・・。

 けさの読売新聞朝刊に尼崎のJRの事故の記者会見での取材記者の言動についての謝罪文が載ったらしい。(ネットで全文は読んだ)不祥事での記者会見の時って「ペンは正義」という気概に燃える新聞記者の質問の口調が往々にして詰問調になっていて、不快に感じることがある。今回の「あんたら、もうええわ、社長を呼んで」というような発言は、天王寺車掌区の社員がボウリング大会や懇親会を開いていた問題の説明を求めていたときのものではあったけれど、あきらかに相手の人間性を否定してなじっているようで、けっして気分のいいものではなかった。どんなときもじぶんの「大きさ」を勘違いしないでいたいものだと他山の石。

« 2005.05.12 疲労回復 | トップページ | 2005.05.14 わかりやすく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005.05.13 13日の金曜日:

« 2005.05.12 疲労回復 | トップページ | 2005.05.14 わかりやすく »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味