« 2009.06.04 成長 | トップページ | 2009.06.06 重力 »

2009/06/06

2009.06.05 昭和

 6時30分起床。睡眠時間はちょうど4時間。きのうの「歓迎会」では、生ビール2杯と焼酎の緑茶割りを2杯呑んだが、なにせ3時間近くもワイワイしゃべりながらのお酒だったので、朝の目覚めに影響することはなかった。

 外は細かい雨が降っていて部屋の中が暗い。食パンは冷凍庫にあるが、けさはきのう帰りに買ってきた菓子パン。トーストする時間を待たなくていいので、その時間をうまく使って、冷蔵庫の残り物の中から、しめじとちくわの玉子とじを作る。これがきょうのお弁当のおかず。

 週末と、月曜サービスで買った食品を、賞味期限を見ながらメニューを組み立てていく。なので、金曜日ともなると冷蔵庫にかなりすき間ができる。今週末は、どこに買い物に行こうか・・・と折り込みチラシを集めている。

 きょうは7時38分の通勤急行渋谷行きに乗る。8時13分に出社。氷川台駅までの道程は、どうにか傘をささないですむくらいの細かい降りで助かった。

 今の通勤のお供は、堂場瞬一の「いつか白球は海へ」。いっときの栄光から転げ落ち負け犬根性がしみついてしまい、存続の危機を迎えている地方の社会人チームを、東京六大学出のヒーローが、孤軍奮闘しつつ「勝てる」チームに変えていく様を描いたスポーツ小説。まぁ、ありがちなプロットだなぁと思っていたし、どことなく無骨な感じのする筆致だが、なんとなくハマってきた。

 このひとつ前の恩田陸の常野物語シリーズの「エンドゲーム」は、ファンタジーというにはちょっとおどろおどろしい感じがして、重たかったし、もうひとつ前の吉田修一の「初恋温泉」はちょっと気恥ずかしかった。そのひとつまえの川端裕人の「今ここにいるぼくらは」は、昭和の少年小説だった。わたしよりもちょっと前の話だったけれど、そこから感じられる「昭和のにおい」は、じゅうぶんに嗅いだことのあるものだった。

 そうそう、「いつか白球は海へ」も時代は昭和。巨人に金田がやってきて、八時半の男宮田が活躍している時代だ。やっぱり、昭和はからだになじむんだなぁ・・・。こと音楽に関しては「いい歳をして」新しもの好きなのだが、54歳だもんなぁ、いつまでも気が若いって言っていても、端から「気味が悪い」のかもなぁ。

 さて、あしたは雨のようだ。梅雨が近いからしかたないのだろうけれど、洗濯もしたいのになぁ・・・。まぁ、まずはゆっくり眠ろうっと。

« 2009.06.04 成長 | トップページ | 2009.06.06 重力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009.06.05 昭和:

» ユーキャンの通信講座で調理師の資料請求する [ユーキャンの通信講座で調理師の資料請求する]
ユーキャンの通信講座で調理師の資料請求する、自分のお店を持つ第一歩です。調理師の免許を取得していると資格手当が付いたり、就職、転職にも有利。食品衛生責任者も申請だけでとれます。 [続きを読む]

» スカシカシパンDS [スカシカシパンDS]
「スカシカシパンDS」に関連するブログを新着 10 件表示しています。 [続きを読む]

« 2009.06.04 成長 | トップページ | 2009.06.06 重力 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味