« April 2013 | Main | June 2013 »

2013.05.31

2013.05.31 収穫

 6時20分起床。青空が広がりカラッとした北風が吹き抜けていて、とても気持ちのよい朝。けさはプランターで育てたわが家のキュウリの初収穫。とりあえず1本だけ。早速、朝食にいただく。皮がちょっと固いけれど、みずみずしさは抜群。なんてったって、つい今まで茎にぶら下がっていたんだもんね。この夏、どれくらいの収穫が見込めるかなぁ?楽しみだ。

Img_0676

 7時で19.9℃。湿度が低くく風もあるので、走るのには快適な陽気。いつものように10.8km。あいかわらずペースは上がってこないけれど、濃さを増した木々の緑の中を走るのはめちゃめちゃ気持ちいい。5月は右膝の故障の影響もあって265.1kmで、目標の300kmには届かず。まぁ、4月に貯金があるからいいか・・・

Img_0679

 先日、送られてきたトマトの苗をプランターに植えた。キュウリはなんとか収穫までこぎつけたが、トマトもがんばって鈴なりにしたいところだ。

 さて、今夜はこのあと日付が変わる午前0時発の夜行バスで東京へ向かう。あしたとあさって東京ドームで行われる「FUNKY MONKEY BABYS」のLast Liveを観るためだ。ファンクラブの1次先行から始まって、すべての先行予約にハズレ続け、ようやく当たったのがチケットつき往復夜行バスツアー。いわゆる「弾丸ツアー」ってやつだね。

 15時開場、17時開演だから、名古屋からなら往きは夜行でなくても間に合うんだけど、何故か往復車中泊なんだよね。あしたの帰りはきっとLIVEの疲れもあってぐっすりだと思うけれど、今夜は眠れるかなぁ。それに時間調整で、結構サービスエリアでの休憩が長そうだから、夜通し何か食べていそうだ(;´∀`)

 何はともあれ、最後のLIVEに立ち会えることを目一杯楽しんでこようと思ってます! 

2013.05.30

2013.05.30 接客の覚悟

 6時30分起床。どんよりとした空模様だけど、とりあえず雨は止んでいたので迷うことなく走り出した。走りだしてすぐ、空足を踏むような感覚があって、また膝を痛めてはかなわないとちょっとペースを落とす。そのままゆったりとペースを保って緑地の入り口へ。時計を確認するとびっくりするくらい遅くて苦笑い。その後、少しペースが戻したけれどあせらずいつもどおり10.8km。気温は21℃くらいだったようだが、めちゃめちゃ湿度が高くてことし最高の量の汗をかいた。でもやっぱり走ると気持ちいい。

 きのうのお昼ごはん、うちからクルマで5分ほど行ったうどん屋さんを利用した。380円也のうどんが190円というグルーポンを使うためだった。大通りから2本ほど奥に入ったところにあって、ふだんは近くの町工場や会社勤めの人、そしてタクシー運転手などがメインの客層といったお店だ。25年つづく伝統の味という触れ込みだったが、まぁまぁ、うどんそのものは美味しかったのだが、こんどふつうの値段で食べに行くかというと正直言って「NO!」だ。

 お店に入る時に、勝手口のところに立っていた年配の料理人さんに「いらっしゃい」と声をかけられた。店内に入ると、厨房を切り盛りしているのは、その息子さんと思しき40歳くらいの男性。ホールに出ているのは、そのお母さんと、その人とおなじくらいの年配の女性が3人。店内は、テーブル席よりも、窓際にずらっと用意されたお一人様席が目立つ作り。ここでも、客層は、家族連れよりもお昼休みのサラリーマンが中心だろうというのがみてとれる。

 ここからは想像だけど、そんな固定客中心の状況から一歩抜けだそうと、半額でもいいから新規のお客さまに足を運んでもらい、リーズナブルな価格設定と、それを上回る味のよさを知ってもらおうと考えて、父親や母親の反対を押し切って、厨房を仕切っている息子さんがグルーポンに申し込んだんだろう。

 で、きのうのお昼時(0時30分)の店内は、がら~んとしていて空席が目立っていた。そして、わたしたちに対するお店の人の態度は、この人たちは「儲からないクーポンの客」だ!というのが見え見えで、メニューの説明にも気持ちがまったくこもっていなかった。もう、この時点で、味以前の問題でアウトだった。

 この半額クーポンが出たのは、ことし1月。3400枚以上売れたと当時のサイトに載っていた。有効期限がのこり1ヶ月を切ったきのうでも、わたしたちの他にもう1組クーポンの客がいたくらいだから、発行当時の状況はおよそ察しがつく。うどんやきしめんという商品の性格上、予約なしで営業時間ないならいつでも使えるという条件だから、おそらくクーポンの発行を決めた息子さんにしても想定外の混乱ぶりだったのではないだろうか。

 せっかく新規客獲得を狙ってトライした半額クーポンも、混乱の中で利用者にその思いもうまく伝わらず、さらにはその混乱を嫌った常連客も失うようなことになっていたとしたら、それは気の毒なことだと思う。でも、いつからきのうのような接客態度やお店の雰囲気になったのかは知らないけれど、きちんとした覚悟と、最後までやりぬく意思をもって臨まなかったお店の自業自得に他ならないんじゃないのかな。販促施策は最後のひとりまで決めたとおりにやり抜かないとゼロどころかマイナスになってしまうということが顕著になった例だと思うな。

 思えば、去年から外食といえば、グルーポンかポンパレの半額クーポンか、ポイントで食べられるお店ばかりだ。でも、クーポンのお店で、ここはまた来たいとか、誰かに教えてあげたいって思ったお店は1軒しかない。よくて「半額クーポンならば」というところだったし、二度と来ることはないと思ったお店も何軒もある。クーポン戦略をきちんと考えていないお店がどれだけ多く、どれだけ損していることか。

 日曜日の日記では、次男とふたりで食事(呑み)に出かけたことをさらっと書いたけど、じつはこのお店でも、がっかりすることがあった。この韓国料理のお店は、オープンしてまだ半年くらいのお店。クーポンが売れた枚数のわりには空いていたけれど、まわりがみんな韓国人のお客さんということで、味はたしかなものだった。でも、接客は残念なものだった。

 今回、「90分飲み放題」をつけていたのだが、オーダーしようとしたところ「もう時間を過ぎてます」と、にべもなく断られた。あらためて時計を見ると、たしかに90分になったところだった。メニューには10分前オーダーストップと書いてあったから、たしかにもう注文はできない時間ではあった。でも、こちらは時計を見ながら呑んでるわけじゃないんだから、せめて、「そろそろ飲みもののオーダーストップですが」と一言言ってほしかったところ。

 それまでも、必要最小限のことしか言わない、いわゆる「愛想のない」接客ではあったのだけど、うるさくまとわりつかれるよりは、放おっておいてくれてありがとうという感じに受け止めていた。でも、「オーダーストップ」のおしらせは必須じゃないのかなぁ。俗にいう「元はとった」状況だったから、べつにいいっちゃいいんだけど、やっぱり残念だ。

 忙しくてオーダーストップのことを伝えられなかったとしよう。その状況で注文を言われたとしたら、わたしなら「オーダーストップをお知らせしていないので、この最後の1杯は注文を受け付ける」という接客をしたと思う。もっとも、このお店がその方針としてオーダーストップの声かけはしないと決めているのならべつだけど。

 接客って、ほんの些細なことで、それまでのプラスをマイナスに変えてしまうし、本来ならプラスに伝わるはずのものが、まったく伝わらなかったりする。過剰にする必要はないにしても、最低限、決められたことはキチンと伝える、提供する、そして、それを継続するということは大切だよね。

 きょうは結局、1日ぐずついたままだった。あしたは1日スッキリと晴れるらしい。いよいよわが家のキュウリの最初の収穫ができそうだ。(1本だけだけどね)

2013.05.29

2013.05.29 君子危うきに

 6時30分起床。雨が本降り。でも朝刊がビニールに包まれていないということは、降りだしたばかりということなのかな。いずれにしても、走るのはお休み。3勤1休ってところだけど、このくらいのペースがホントはいいのかもね。

 きのうから、「8500万円差し上げます」という申し出をしつこく受けている。バカバカしくてタイトルだけ見てゴミ箱に捨てているのだが、「くだらない」と思いつつ、リンクをクリックする人もいるんだろうな。アクセスログが取れたらしめたものという意図だろうから、絶対にクリックしちゃだめですよ・・・。

 最初のメールのタイトルが「▼画 像付▼非課税で8500 万を振り込みます!!写真の通帳.をご覧頂けますか?」 その後、「『完全非課税、無償』はお約束します。」とか「お前、サクラとか業 者なんでしょ!?嘘ばっかり言いやが.って、どうせ騙しか何かだろ!!」っていうような自虐的なタイトルで誘いかけてみたり、「運命.、奇跡、必然…8500万をゲストさんが手にする、それは・・・」ってふたたびお金で興味をもたせようとしたり、「※疎通確認※このまま折り返し返信ください。」とリンクではなく、メールをさせようと迫ってみたり、その数18時間で20通。ご苦労なことです。

 ゴミ箱をみていたら、同じ差出人から、同じようなメールが1月の終わりにも10数通きていた。メアドもReturn-Pathも違っているけど、「8500万円」をエサにしているところは同じだった。みなさまもくれぐれもお気をつけください。

 そいうえば、mixiにも全然知らない人から友達追加リクエストがきていた。mixiでメッセが送れないので、メールでやり取りしませんかというコミュニティ(なんだそれ?)のお誘いもきた。Facebookで共通の友達が1人もいない女の娘からの友達リクエストが相次いだのは2ヶ月くらい前だったかな。まぁ、ほんといろいろ悪いことしようとする奴がいるものだ。なんにしても、妙な欲をださず、君子危うきに近寄らずがいちばんだ。あ、わたしって「君子」ってほど立派じゃないけどね。

2013.05.28

2013.05.28 収穫へ

 6時28分起床。けさの名古屋は曇り空、そこにおひさまがあることが辛うじて透けて見えているだけ。ちょっと強めに吹いている南風は、たっぷりと湿り気を含んでいて、雨が近いことを感じさせている。けさも慎重に10.8km。とりあえず、脚の不調はでていない。

 お昼すぎに、ちょっとだけパラパラっと雨が降ったが、それより前に梅雨入りが発表されていた。東海地方の梅雨入りは去年より11日、平年よりもやはり11日早いということだ。5月に梅雨に入るなんてずいぶん早いなって思ったのだが、過去、東海地方のもっとも早い梅雨入りは1963年の5月4日だそうだ。

 きょうは朝から近くの中学校から「体育祭」らしいアナウンスが聞こえてきていた。幸い夕方までは、地面をサッと濡らす程度に降っただけだったから、最後まで無事行われたんだろうな。そんなスッキリしないお天気に、さらに追い打ちをかけるように、きょうはやたらと目が痒い。この時期の花粉ってなんだっけ? そうはいっても仕事は待っていてくれないので、きょうも地味なアナログ作業を淡々とこなす。モニターを見つめる仕事じゃなかったのが目の痒みには幸いだったと前向きに考えておこう。

Dsc01767

 きょうカゴメからトマトの苗が届いた。プレゼント企画に応募していたものが当たったのだ。もうすぐ最初の1本が収穫できそうなキュウリに続いて、この夏の楽しみがひとつ増えた。でも、土を買ってこないといけないな・・・。

 あしたは終日雨らしい。アナログな作業が半分残っているので、それをコツコツと片付けることにしようかな・・・。

2013.05.27

2013.05.27 桜そして梅雨

 6時30分起床。雲が多くなってきた。まだ薄い雲なので、陽射しは届いている。朝7時で20℃を超えていて湿度も高めなので、ちょっとムシっとする。きのうの久々の走りではとくにトラブルを起こすことなく、けさはいつもどおりの10.8kmを無事に走り終えられた。油断は禁物だけど、とりあえず復活かな。次の課題は故障の遠因となった新しいシューズをいつ試し履きするかだなぁ。せっかく復活したのに、またここで故障・・・なんてことのないようにしないとな。

 きのう5月26日、北海道稚内で桜の開花が観測されたというニュースを見た。沖縄のヒガンザクラは去年の年末に咲いていたけれど、ソメイヨシノの開花は、福岡などが最初で3月13日だった。そこから、桜前線はゆっくりと北上を続けていって、2ヶ月以上かかってようやく日本の最北端にたどり着いたということになる。

 ことしの北海道は例年になく寒かったようで、この桜の開花は観測史上最も遅かったということらしい。なので3月が異様にあたたかくて、九州から関東にかけて桜の開花が早かったことから、桜前線の日本縦断はもっとも時間のかかったものになったらしい。そんなことでもなんか気候がおかしいって感じがする。

 そして、きょうは、九州から四国・中国で梅雨入りとなった。これは平年よりも早い。まだ5月だもんね・・・。名古屋を含む東海地方も、あす遅くからあさってにかけての雨で、梅雨入りが宣言されるようだ。外回りの仕事ではないし、通勤もない在宅勤務の身だけど、お天気がぐずつくのはやっぱり気分がよいものではない。とは言っても、お米などの農作物には雨は必要なわけだから、ここはメリハリのあるお天気になってくれるといいのになと、勝手なことを思っている。

 週明け月曜日は、いつものように集計系の作業中心の1日。きのうの韓国料理でパワーをつけたはずだけど、早くも首のうしろが凝っている・・・( ´Д`)=3 ま、ぼちぼちがんばります。

2013.05.26

2013.05.26 独身状態

 きのうの夜は、「チューボーですよ!」と「すぽると!」のはじめのほう(阪神がマートンのサヨナラ打で勝った)までは覚えているが、その後、テレビも部屋の電気もつけたまま1時間ほどうたた寝していた。妻がいれば「もぉ、もったいないでしょ。ちゃんとベッドで寝なさい」って怒られるところだ。幸い妻は姉たちと旅行中。よかった・・・。

 けさは7時起床。仏壇を開きお供えをしたり、庭の水撒きをしたりとふだん妻が朝してくれていることをしなくてはいけない。結構、朝は忙しいんだってことがよくわかる。それらを全部済ませ、キュウリに追肥をしたあと、9時15分に走りだした。

 走るのは6日ぶり。何か異常があったらすぐにやめられるようにと、遠出はせず、いつもの緑地に向けて走り出す。いつも以上に脚の状態に気を配りながらの走り出しだったが、とりあえず、緑地を1周し終えたところ(5.4km)で、とくに問題はでてこないだろうと確信。ボラのジャンプが楽しめる天白川の堤防道路まで脚をのばし、きょうは16.2km。夜になってもとくになんの障害もでてきていないので、「復活!」って宣言してもいいかな。

 テレビを見ながら、ちょっとお昼寝をしたりと、ここでも「電気がもったいないぞ」っていう午後を過ごす。5回目のダービー制覇となった武豊騎手騎乗の「キズナ」の末脚にはゾクゾクした。

Dsc_0004

 きょうの夕食は、次男とふたりで韓国料理。妻はキムチとかの唐辛子系がダメなので、うちでは決して食卓に上ることがないメニューだ。次男も出産里帰りで「独身」状態ということで誘ったもの。考えてみれば、次男と2人きりで飲んだり食べたりってはじめてかも。今まで聴いたことのないあれやこれやを話すことができてよかったな。わたしが死んだ時にお棺にいれてほしいレコードのことも伝えられたし(笑)。

Dsc_0005

 飲み放題ということで、日曜日の夜としてはちょいと呑み過ぎたかな? まぁ、あすの朝に残るほどではないと思うけれど・・・。サムギョプサルで栄養補給もできたし、あたらしい1週間もがんばります。

2013.05.25

2013.05.25 ひとり

 きょうの名古屋の最高気温は27.3℃止まり。午後は南よりの風がやや強く吹いて、とても心地よかった。そんなさわやかな青空のもとで、きょうは昨年亡くなった義父の納骨。妻の姉たちが川崎と横浜から来てくれて、3姉妹揃って無事執り行なうことができた。昨年夏の大往生の時も3姉妹が揃っていたし、義父は幸せだったって言っていいだろうな。

 本当は春暖かくなったらと言っていた納骨だったが、二人の姉が、入院していたり、ケガをしていたりで、ここまでのびのびになってきたのだが、きょうは元気に3人が顔を揃えることができ、ひとつの区切りを迎えられて肩の荷が下りたってところなのだろう、3人でお伊勢参りに出かけていった。今夜は、伊勢エビなどの海の幸を味わっているはずだ。3姉妹で旅行に出かけるってことは、たぶん初めてなんじゃないかな。これをきっかけにこれから毎年・・・なんて言っていた。それはそれでいいことだろうって思う。

 で、今夜からあすの夕食までひとりだ。だからといって、とくに羽根を伸ばすというようなこともなく、とりあえず、今夜とあすのお昼までは冷蔵庫の残り物で済ませることにした。あしたの夜は、次男と呑む(食べる)ことにした。彼もまた、嫁(娘)が出産で里帰り中なので、ひとりなのでね。次男とサシで呑むのは初めてかもな。ちょっと楽しみ。

 ということで、今夜はこのあと本を読みながら呑むことにしましょう。

2013.05.24

2013.05.24 安くお値打ちに

 6時30分起床。右膝は?どうかなって確かめてみる。押さえてみるとまだ少し炎症があるような気もするが、とりあえず「歩く」分には階段の昇り降りを含めてまったく支障がなくなった。じつは、きのうちょうどホームに入ってこようとする電車に乗ろうと、300mほど走ったけど、べつになんともなかったんだよね。まずまず順調というか想定どおりだね。でも、きょうも走りはでないで万全を期すことにした。ウルトラマラソンのあとでも中3日くらいで走り出していたことを思うと、今回はわれながら慎重だなって驚いてしまう感じ。良いお天気が続いているのに、ホントよく堪えているよなぁ(;´∀`)

 アベノミクス効果で、このところぐんぐんと上昇していた東京株式市場の株価が、きのう市場11番目という大暴落となった。きょうは128円高になったらしいが、1日の中で振れ幅が1000円を超えるという、なんだかジェットコースターのような値動きになったようだ。きのうの暴落は、中国の経済指標の数値が良くないというたった一つの材料が発端だったらしい。

 実際に目に見えるかたちで景気が良くなったわけではなく、この先「よくなりそう」という期待感だけが先行している今の経済情勢の中で、じわじわ上がり続けている株価を睨みながら、どこかで利益を確定させたいというトレーダーの思惑に市場が振り回されているというところだろう。まぁ、簡単にいえば、「景気が良くなっている」というメッキが剥がれたというところだろうか。

 きょうから開催の「ユニクロ大感謝祭」もそうだけど、まだまだ「安く」とか「お値打ちに」という思考が強く、デフレ脱却には至っていないのが、庶民の素直な感覚だ。その上、マヨネーズに続いて、パンの値上げも発表になったりして、この先決して明るい話ばかりじゃないぞって警戒感を覚えているというのがふつうじゃないのかな。あ、でもことしのユニクロ感謝祭は、イマイチかな。まぁ、毎週末チラシを打って何某かの目玉商品を打ち出しているから、新鮮味が薄れてしまうのもやむを得ないかもしれないね。

 今週も、週末金曜日に作業が山盛になった。先週と同じように、あらかじめそれを想定して前倒しで作業を進めるなどして準備したんだけど、やっぱりきょうは結構窮屈なスケジュールだった。・・・っていっても、区切りをつけたのは22時30分。東京単身赴任時代は、ここから1時間かけてうちに帰っていたことを思えば、23時過ぎの今、ビールを片手にこれを書いているのだから、恵まれてるよね。・・・ん~ん、でもちょっと週全体のスケジュールの見直しは必要かな。でも、ファンモンの最後のテレビ出演だけは、手を休めて「正座して」見た。解散まであと9日かぁ

2013.05.23

2013.05.23 ちょっときつい

 6時30分起床。全身に気怠い感じがあって、ちょっとおへそに気合を入れて起きだした。おそるおそるベッドから床に脚をおろし、歩き、そして階段を下っていく。いやぁ、人間のからだって、ホントによくできているものだ。右膝のお皿の上は押さえてももうほとんど痛みを感じなくなっていた。

 ただ、階段の昇り降りには、まだひっかかるような違和感が少しある。他の場所のトラブルなら、得意の「走って治す」へ持ち込むところだが、スッキリした青空を眺めながら、けさも走りに出ず、おとなしく(?)していることにした。でも、まずまず想定どおりだな。日曜日には走れるはずだ。

 きょうの名古屋の最高気温は30.3℃で、2日連続で真夏日を記録したようだ。夜10時を過ぎても20℃以上あって、風がない上に、湿度も少し高くなってきたみたいで、ちょっとじとっとする名古屋の暑さがはじまった感じだ。先ほどまで、デスクを離れて、ぺたんと座り込んで、帳票整理の作業をしていたのだが、腿の内側とか膝のうしろとかにうっすらと汗をかいた。もう少しすると、これが手とかにも汗をかくようになって、そうなると帳票類がくっついてきたりして作業効率が落ちるんだよなぁ・・・ってひとりごと。

 SNSって「友達」の誕生日を事前に教えてくれて、なかなか重宝なのだが、さっききていた「あしたは○○さんのお誕生日です」のメールは、ちょっときつかった。その○○さんは亡くなっているから・・・。アカウントを削除していないから、システマティックにメールは配信されるんだけど・・・。

2013.05.22

2013.05.22 経過報告

 6時30分起床。起きだした時、じっとしていても鈍い違和感のジェルを膝に載せているみたいだったし、曲げると確実に痛い。食事をしようと階段を下りて行く時は1段ずつ慎重に下りていった。右膝の状態は良くなるどころか症状が悪化している感じ。おそらく炎症だと思うのだが、今がピークなのなぁ? 走らずおとなしく(?)しているのにね。触ってみると右膝のお皿の上のところあたりがちょっと痛い。まぁ、ここは2〜3日の安静で快癒というのを想定しておきましょう。

 きょうの名古屋の最高気温は31.0℃。カラッとしているので、ベランダを網戸にしていれば、風も通って、まだげんなりするほどの暑さではないが、朝、走ってきて、シャワーを浴びてから仕事に入るという体に馴染んだ生活パターンが乱れているのと、いつもより早めから仕事に入っているので、午後、気温が高くなると午睡でもっていう気分になってしまう。テンションが低いわけじゃないけれど、ちょっとゆるんでいるのかな。

 夜になって、膝の状態は少し良くなったかな。階段の昇り降りが少し楽になった気がする。あしたの朝、目が覚めたら何事もなく走りに出られた・・・というようなことは、まだおよそ想像できないが、朝、想定したみたいに2~3日で快癒という線でいけそうかも。はやく、このページが症状の報告ページではなくなることを願おう。

 

2013.05.21

2013.05.21 ちょっと不安

 きのうから気になっていた右ひざ前側の違和感は、寝ている間に悪化してきた。痛むというほどではないが、目が覚めたくらいだから、ちょっと捨て置けない感じだ。起きだしてみると、右膝のお皿の上あたりに炎症があって、階段を降りるとき、ズキズキ痛むというわけではないが、ちょっと支障をきたすくらいになっていた。

 筋の炎症とか乳酸が溜まっている状態とは違うので、走って治すという類のものではないとおもわれるので、ここは大事を取ってきょうは走らないことを早々に決める。ひざのお皿あたりのトラブルってたぶん初めて。対処のしかたが見えないのでちょっと不安だ。

 とくに動かしてもいないのに、時間とともに、その症状は悪化しているようで、階段は下りだけでなく、上りもひざを曲げるのがきつい感じになってきた。原因として思い当たるのは、「毒をもって毒を制す」なんて言いつつ、ちょっときつめのままで2度めの試し履きをした新しいシューズでの走りということになるが、左腿の炎症は治まったことを思うと、それとは限らない気もしてくる。どこかにぶつけたということはないし、原因がこれと言ってはっきりしないのもちょっと不安だ。

 とりあえずは2~3日様子見かな。その先のことは、その時点で考えればいいや、って基本的にはクヨクヨしない人なので楽観視しているけど、だいじょうぶだよね。

Img_0674

 で、テンションが下がったままってのもわたしらしくないので、前向きかつ上昇機運の話・・・日曜日に支柱と茎をリボンタイでくくってあげたキュウリは、いよいよ支柱の高さを超えて、2階から垂らしたネットの方へとつるを伸ばし始めた。なんとかここまでは順調にきているので、ちゃんと収穫の時を迎えられるよう、これからも手をかけてあげなくちゃ。このあとは、横にでてきそうな芽を摘んだり、追肥をしたり・・・というところかな。

Img_0673


2013.05.20

2013.05.20 残念

 雨が上がった。7時の気温は16.5℃だけど、まだ湿度が高いせいか、「しっとり」というより「じめっ」としているなという体感。この先6月になるとこんな日が多くなるんだろうなぁ。でも、きょうは少しずつ晴れ間がひろがってきて、気分はわるくない。

 脚の様子はイマイチ。ふつうにしていればどうってことないが、階段の下りでは左腿の裏側の炎症がわかるし、なぜか右膝のお皿あたりにも違和感がある。そんなこのところの脚の不調の遠因となったと思われる新しいシューズできょうは走ってみる。なんというか「毒をもって毒を制す」(大げさ)感覚かな。このシューズはきょうが2回目。前回は、とにかく足入れがきつかったことと、足底がちょっと熱を持ったような感じになったというのが印象に残っている。ただ、それも走り終えればなんてことない類の違和感だったので、まったく気に留めていなかったのだが、きょうは、着地の感触が硬いことに気づいた。たぶん、ソールがフラットな形状なので、かかと着地でなくて、足底全体で着地しているのだろうと思う。しかもフラットのわりに薄めでクッションがあまりないソールなので、着地の衝撃をまともに受け止めているということなのかもしれない。つぎに履くときにはちょっとシューレースをゆるめるのと、走り方もちょっと変えてみようかな。きょうも10.8km。

 きょうauの夏モデルの発表会があった。今の使えないシャープのスマホの分割払いが終わるのが11月なので、今回の夏モデルにそのタイミングで機種変すれば、まずまずリーズナブルなところでいけるのではという皮算用。なので、今回の発表はちょっと期待していたのだが、でてきたのは4機種のスマホだけ。auいちおしはhtcだろうなぁ。もう絶対シャープにはしないと決めているので、残るのはソニーと京セラ。ソニーは、ひとつ(ふたつ?)前のドコモのスペックと同じくらいだけど、これかな・・・。京セラは「かんたんスマホ」っぽいしね。買い替えまでは半年あるけど、ちょっと手にとって見てみたい。それにしても、本体の魅力はdocomoにはぜんぜんかなわないなぁ。

 春モデルはINFOBAR1つだけだったので、ここは斬新な新機種がど~ンとでてくるかと思ったのに、auってちょっと残念なキャリアだね。まぁ、個人的はその派手じゃないところがいいんだけど。おそらく、来月には発表になるであろうiPhone5Sと秋には出るであろうiPhone6頼みなんだろうなぁ。

2013.05.19

2013.05.19 おだやかに

 朝はまだ青空がのぞいていた。風もさわやかで走るのには申し分のないお天気だったのだが、イマイチ気分が乗らずグズグズしてしまった。きのう走りだしてすぐにピリッとなった左腿は、とりあえずふつうにしていれば何も感じないところまで回復していたんだけどね。でも、午後には雨になりそうというし、この気持ちのよい朝をダラダラ過ごすのももったいないので、9時25分スタートでいつもの緑地に向けて走りだした。

 ふつうにしていれば何も感じない左腿だけど、さすがに走ると炎症が残っているのがわかる。でも、肉ばなれとか深刻なトラブルじゃなくてよかったが、きょうは、右膝にちょっと違和感を感じていた。そんな状況なので、ゆったりとしたペースで走ってきたが、ずっとトラブルを起こしていないので、ちょっと気になるところ。きょうの緑地は、近くの子ども会の団体が遊びにきていたりして、いつになくにぎやかだった。

 お昼すぎ、出かける妻を地下鉄駅までクルマで送ったあと、ホームセンターで、キュウリの茎を支柱に添わせるためのビニールタイを買ってくる。洗濯バサミの大きいのみたいなものもあって、茎にはストレスがかからないんだろうなと思ったけれど、10個で398円也。はたしてどのくらいの収穫が見込めるかわからない「道楽(?)」には、ちょっともったいないかなと、最初の想定どおりビニールタイ30m 98円也にしてきた。

 2階のベランダからネットを垂らし、茎を支柱に添わせて、キュウリのお世話を終えた頃から雨が降りだした。ここからはきのうとは一転、インドアな午後に。生中継を見始めた西武VS阪神の試合は、1回の裏にいきなり先頭打者ホームランで先制される展開に、すぐさまテレビの電源を切って読書に切り替える。(試合は能見が5点も取られたけれど、10点取って勝ったようだ)読んでいるのは、ことしの本屋大賞受賞者百田尚樹の「BOX!」。上下2巻の長編なのできょう中には読み切れそうもないが、なかなかおもしろい。あとから知ったのだが、この「BOX!」は2009年第6回本屋大賞の5位だったらしく、映画化もされていたようだ。

 雨のおかげ(?)でおだやかに日曜日が終わろうとしている。来週1週間のtodoリストも作り終えた。ルーティンワークがほとんどで、とくにめちゃくちゃ忙しいという1週間にはならない予定。脚の具合はちょっと気になるけれど、来週も元気に過ごせたらいいな。

2013.05.18

2013.05.18 アウトドア満喫

 最高気温は25℃をちょっと超えたらしいが、南風が吹いてとても気持ちのよい1日。きょうはアウトドアを満喫。

 午前中は、クルマで知多市までシャクヤクを見に行く。春の花めぐりは基本的に電車とウォーキングイベントというパターンが多いので、クルマは久しぶり。出かけた先は知多市の旭公園。じつは、あした開催のウォーキングイベントで通ることになっているのだが、あしたは妻に用事があって歩けないので、一足お先に出かけてみたというところ。

Img_0668

 旭公園というのは、ネットで調べたところでは桜の名所らしいが、今まで聴いたことのない公園だった。着いてみると、グラウンドや体育館も併設された大きな公園でビックリ。名古屋市を出ると、大府市とかこの知多市とか、大きな公園があるんだなぁ。桜はソメイヨシノだけでなくてヤマザクラやサトザクラもあって、結構長い期間楽しめそう。藤棚の回廊もあったし、睡蓮の池もあった。もう少しするとあじさいも咲きそろうようだ。この公園も全体にゆったりと作られていて、ごちゃごちゃしていないのでとてもリラックスできていい。

Img_0666

 で、お目当てのシャクヤクはちょうど見頃。一口にシャクヤクといっても、色だけじゃなくはなびらのかたちにもいろいろな種類があって、楽しませてもらいました。そうそう、ヤマザクラにはいっぱい実がついていた。カリンや杏も実が大きくなりはじめていたが、誰が収穫するんだろう。

Img_0664

 一旦戻って、お昼ごはんをすませてから14時25分スタートで走りに出る。きょうは、ゴールを緑区のスーパー銭湯「楽の湯」にして、ここまで妻に車できてもらい、お風呂でゆったり、そして汗をさぱっり流してから帰ってくるという計画。16時30分の待ち合わせを決めたので、頭のなかでだいたい20kmのコースを描いて走り出す。

 冬の間、見られなかった天白川のボラのジャンプが楽しめたし、桶狭間あたりで突然暗渠になってしまって、その先がわからなかった愛知用水の幹線水路をの先をたどることができたり、行き止まりになった道の先で、散歩のおじいさんが林の中の踏み分け道に入っていくのを見かけてついて行ったら、思いがけない近道だったりと、きょうは発見いっぱいの22.1kmで楽しかったのだが、走りはじめてすぐにピリッときた左脚ももの裏側が、ちょっと心配。走っているうちにおさまっていく痛みとは違うことは、最初からわかっていたので、賢い人は走り続けるなんてバカな真似はしないだろうけど・・・(;´∀`)

 スーパー銭湯の帰り、すぐ目の前に先月オープンしたばかりの食品スーパー「カネスエ」でお買い物。主に尾張地区に展開しているスーパーなので、今まで利用したことがなく、品揃えとか価格戦略が新鮮だ。要は「安い」ってこと。でも、安いとついついあれもこれもと買っちゃうんだよね。まぁ、ちょっと遠いから、そうそう来ることはないと思うけれど、7月末まで有効の無料入泉券をもらったので、これを使う時にまた来るって感じかな。そうそう、食品スーパーといえば、長らく跡地利用が決まらなかった笠寺西門の交差点角だけど、マックスバリュが11月にオープンするらしい。駐車場とかのスペースがなさそうだけどどうするんだろう。でも、またしてもイオングループだなぁ。

2013.05.17

2013.05.17 疲れた

 明け方13.7℃まで気温が下がったようだが、7時には16.9℃。青空がいっぱいにひろがり、きのうほど強くはないがちょっとひんやりした北風が吹いていてめちゃめちゃ心地良い。お日柄の良いけさは、ことし2足目のニューシューズ(といってもアウトレットで買った型落ちだけど)をおろす。くつに負けてなるものか(笑)という思いからか、きのうの厳しかった状況からはちょっとペースが戻る。10.8km。

 今週は、作業用の帳票類の届くタイミングが、ズレにズレまくって、スケジュールを前倒ししたり、先送りしたりで、なんだか落ち着かない感じだった。で、きょうになってどか~んと一気に「おしごと」が届いた。やむを得ない事情があるんだけど、でも、ちょっとなんとかしてほしいなぁ。週明け月曜日には本社に戻したいので、きょうは「脇目もふらず」(って、ふだんも脇目はふっていないが・・・笑)作業にあたる。22時すぎ、ようやく一区切りついて、本日はこれにて終了。

 ちょっと疲れた ( ´Д`)=3

 ホッと一息ついて、タイガースからのメルマガを開いたら、あらら、きょうも負けてるんだ。巨人、ヤクルトから6連勝で、勇躍「セパ交流戦」に臨んだタイガースだけど、ほんと交流戦にはからきしダメだね。交流戦ですっかり調子を落として、そのままシーズンを下位で終えるってことが多いのはちょっと情けないなぁ。毎度のことなので、期待はしないようにしているんだけど、それでも、ことしはここまで良い感じできていたから・・・。ま、タイガースが勝ったからといって、うちの暮らし向きが良くなるわけじゃないから、今までどおり「入れ込まない」ようにしていればいいや。

2013.05.16

2013.05.16 命名権

 けさの7時の気温は19.2℃。夜中に風向きが変わって北西の風がちょっと強く吹き抜けるようになっていて、体感的にはぐんと気温が下がった感じがする。その朝は6時前に一度目を覚ましたものの二度寝をしたら、アラームの6時30分が妙に気だるく(原因不明)、もうちょっとで起き出せないところだった。どうしたのかなぁ、季節の変わり目だろうか。

 さわやかで走るのには申し分のない朝なのだが、たぶんペースが落ちるだろうと予想して「ちょっと強め」を意識して走り出す。それでもとくに速くなったわけではなかったけれど、これで、テンションを上げずに入っていたらどんな走りになっていたことやら。

 走りから帰ってきて、キュウリの花が咲いているのを見つけた。全部で3輪。どれも根元に近い方の大きな葉の影に咲いていた。こんなところで実がついたとしても、地面に這ってしまいそうだ。もう少し早く剪定をしてまっすぐに背を伸ばすようにしておかなくちゃいけなかったみたいだ。とりいそぎ、横に伸びていきそうな茎と葉を少し剪定したが、花はかわいそうで摘めなかった。

Img_0660

 きのう、ここに「緑地整備」の予算のことを書いた。自治体の財政難の折から、すこしでも収入を増やすために、いろいろな建物・施設の「命名権(ネーミングライツ)」が売却されている。味の素スタジアムとかヤフオクドームとか、○○歯科歩道橋とか・・・。ことしも「いきものがかり」のLIVEを観にいくうちの近くのアリーナも、できた当時は名古屋市総合体育館レインボーホールといっていたのが、今は日本ガイシホールだ。

 鎌倉市が、由比ガ浜や材木座など市内3ヶ所の海水浴場の命名権を、この春から売りに出していた。それが、きのう「鳩サブレー」を販売している「豊島屋」に決まったと発表されていた。

 命名権の常識から考えても、年間1200万円、10年間で1億2000万円を支払うというのだから、「鳩サブレー海水浴場」となりそうなところだが、豊島屋は、社名も商品名も使わず、一般公募でふさわしい名前を決めると記者会見で発表していた。なんでも、地元の企業として、由緒ある鎌倉海水浴場にどこかの社名とか、商品名がついてしまうのが忍びなかったということらしい。

 なんと男気があるというか、めちゃめちゃ好感度があがる話だ。目先の利益とか損得勘定ではなく、社会貢献活動も含めた企業の経営理念が見て取れる。こんど東京に行ったら「鳩サブレー」をおみやげに買って、応援してあげようかなって思わせるよね。ただ、下世話な話だけど、このニュースバリューだけで、今年度分の1200万円は元がとれた(?)感じにはなっているなぁ。もちろん、それを狙ったわけではないだろうけど。

2013.05.15

2013.05.15 予算がついた

 けさは7時で20℃を超えていた(20.5℃)。でも、雲が多めで陽射しがきのうほど強く届いていないのと、カラッとした南東の風が吹いているので、体感的にはきのうよりずいぶん過ごしやすい。まだ照り込んでいないしね。これくらいなら快適でいいんだけどね。走りのほうは天気に相反して何故かかなり重かった。理由はよくわからない。きょうも10.8km。

 先日、緑地の花壇が久しぶりにキレイに整備されていたことを書いた。9日のことだった。で、1週間も経っていないのに、もう花が植え替えられていた。とくに枯れていたというような状況じゃなかったんだけどな。前回書いたように、昨年度はほんと数えるくらいしか花が植え替えられなかった。このあたりの名古屋市の予算はかなり削られていたようだからしかたないと思っていたのだが、ことしは予算がついたのだろうか・・・。

Dsc01764

 それならそれで悪くはないのだが、なにもこんな短期間で植え替えなくてもいいだろうに・・・って、予算の仕分けをしたくなってしまう。業者任せで予算を執行している市の担当者は、その細かい実態は把握していないんだろうな。今週月曜日からは、これまた久しぶりに公園清掃の業者が入っている。このところ、ボランティアの人たちが、落ち葉を集めたりしているようだったが、これも予算がついたのだろうか。

 まぁ、新葉に替わるのに古い葉がいっぱい落ちているから、清掃が入るのもわるいことではない。このまま梅雨に入ってしまったら、積み重なった落ち葉で側溝から水があふれたりということもあるかもしれないからね。でも、それにしてもなんか極端だなぁ。年度末の予算消化と同じように、新年度、とにかく使える予算はどんどん消化していこうということなのかな。

 きょうの名古屋の最高気温は26.6℃。5mくらいの南風が吹いていてベランダのカーテンをゆらしていたので、きょうはまずまず快適な1日だった。ことしは冬の寒さが厳しかったが、春の訪れは早かった。つれて5月の半ばから真夏日を記録するなど、夏も早くやってきそうで、その上暑くなりそうな予感。その間の「ちょうどいい」という陽気は短そうだ。せっかく四季がある国なのにね。

2013.05.14

2013.05.14 どうなるんだ

 五月晴れが続く。けさは7時で18.4℃、8時には20℃を超えたようで、まだからだがこの気温についていけてないというか、汗がすんなりとでてくるからだになっていないので、ちょっと気だるい感じだ。でも、きのうとほぼ同じペースで10.8km。戻ってきて、ベランダを網戸にして仕事をはじめる。

 気温はグングン上がって、きょうの名古屋の最高気温は31.5℃。「真夏日」を記録したと思ったら、一気にこの気温だ。カラッとしているのでまだだいじょうぶだけど、ことしの夏はどうなるんだろうってちょっと心配になる。

 そのくせ、いつもの年ならゴールデンウイークには症状がおさまっている花粉症(だと思う)がまだ続いている。ピークの時とは比べ物にはならないが、それでも午前中を中心に目の痒みと鼻水グシュグシュがつづいている。こちらもどうなるんだろうって気になるところ。

Img_0651

 初夏というより、夏本番のような陽射しに、庭の花たちも鮮やかさを増している。今がいちばんいいときなのかな。つるバラもいっぱい花をつけたし、紅いシャクヤクも大きく花を開きはじめた。ピンクの薔薇はそろそろピークを過ぎたというところだ。

Img_0655

 その強い日差しの恩恵を受けて、わが家の太陽光発電での売電も順調で、きょうの検針では先月の1.5倍の887kw/hを売電したことになっている。梅雨時には当然落ちるし、今のこの数値がピークだろうとは思うけれど、それらを加味しても、この調子でいってくれれば、固定買取制度が適用されているうちに初期費用は回収できるかもしれない。補助金もフルに活用できたし、タイミングはドンピシャだったみたいだ。

Img_0657

 そうそう、セブン-イレブンの「金の食パン」が、全国での発売になったらしい。スペシャルブレンド小麦粉に北海道産生クリーム、北海道産甜菜糖、カナダ産はちみつ、赤穂の天日塩を加えてしっかりとこねた後、じっくりと発酵し、丁寧に焼き上げたというしっとり、もっちりとした食感の甘味のある食パン(書いてても美味しそう)ということなのだが、6枚切りで250円也!

 ふつうの大手メーカーの食パンの2倍近い値段にもかかわらず、2週間で65万個を売る大ヒットになったというから、これはぜひとも食べてみなくちゃというところ。この「金の食パン」目当てで、セブン-イレブンのサイトを見ていたのだが、きょう14日新発売の「とろりんカスタードエクレア」(130円)も美味しそうだ。(;´∀`)

2013.05.13

2013.05.13 愛のない人?

 きのうの最高気温29℃の余韻が残って朝7時で17.7℃。緑地の入り口までの2.3kmでもう汗をかく。オートライトの自転車のライトが点灯するくらいに濃くなった緑陰が気持ち良い。葉陰から差しこむ木洩れ陽がキラキラして清々しくて、走りはイマイチながら、いい気分であたらしい1週間がはじめられた。

 走りといえば、ことしの24時間テレビのチャリティマラソンランナーに森三中の大島美幸が選ばれた。あの番組のチャリティマラソンって、ウルトラマラソンを走るわたしからすれば、制限時間からしても、あのサポートの手厚さからしても、わたしたちが走っているウルトラマラソンとは別物思っている。誰でもとまでは言わないが、よほど心肺機能が低いか、体力がない人でないかぎり。完走はそんなに大変なことではないと思っている。もちろん、距離は実際にそれなりの距離はあるわけだから、強い精神力は必要だけど。

 今回、常識的に考えて、とても無理そうだという大島美幸に白羽の矢を立てたということ自体、マラソンを馬鹿にしているような気がしてしかたない。要するにテレビ番組のネタとして「おいしい」というか「面白そう」ってことだろうから。日テレの「スッキリ!」のキャスターの加藤浩次は「ムリですね。初めてだと思います、24時間マラソン断念。月5キロの減量ですもの」と語ったらしい。

 膝や足首への負担を考えるとまずは相当な減量が必要だろう。でも、体重が落ちるとこんどは体力も落ちてしまうので、トレーニングに耐えられなくなってしまうし・・・。ということで、24時間テレビ本番までにも、減量だの、トレーニングだので、いろいろ番組のネタができる。またまた名トレーナー坂本さんの腕の見せ所なんだと思うが、テレビの面白がりにからだを壊さないといいんだけどね。

 ついでにいうと、このチャリティゴリ押しの「24時間テレビ」そのものがキライだ。そして、ここまで書くと反感を買いそうだけど、繁華街などでボーイスカウトとか女子高生とかがズラリと並んで行なっている街頭募金活動も苦手だ。義援金だとか、募金だとかって、あくまでも本人の篤志によるもので、「黙って通り過ぎるなんて人間としてありえない」というようなオーラで無理強いするものではないはずだって思っちゃうんだよね。

 「愛は地球を救う」ってものすごく傲慢なタイトルだなって思う。この番組がキライなんていうわたしはまるで「愛のない人」みたいだもんね。「愛」のかたちって、いろいろな表わし方があると思っているし、募金がすべてじゃないとも思うしね・・・。

2013.05.12

2013.05.12 走る&歩く

 きのうのピンクの夕焼けが約束してくれたとおりのキレイな青空がひろがった。けさは7時起床でまずはいつものように10.8km走る。そのあと、妻と名鉄のウォーキングイベントで、無量寿寺のかきつばたを見に行く。今回のコースは、新安城駅をスタートして、明治用水緑道の中井筋を豊田市方面に上っていき、三連の水車のある公園から折り返して、明治用水緑道の西井筋を知立市の無量寿寺まで下り、三河八橋駅でゴールするというコース。

Img_0647

 ほとんどが、クルマの入ってこない緑道だったし、この緑道は比較的幅がひろいのでペースが遅い人を抜くのも無理なくできて、とても歩きやすいコースだった。その分、神社仏閣などの立ち寄りポイントは少なかったが、麦畑や田植えが終わったばかりの水田の中を気持ち良く歩けて気持ちがのびやかになれたかな。こちらは約10.5km。おいなりさんのお弁当持参だったので、遠足気分満載というところ。

Img_0650

 きょうの名古屋の最高気温は、ちょうどうちに帰ってきた14時過ぎに記録した29℃。気持ち良くウォーキングできるという気候は、もうそろそろ終わりかな。もっとも、わたしは真夏も汗だくで走っているので、暑さは苦にならないけれどね。

 いつもは年配の人(われわれも年配だけど、もっと人生の先輩格の人)が多いけれど、きょうは、若いカップルや親子連れも多かった。緑道ということがよかったのか、お天気がよかったせいなのか、理由はよくわからない。でも、手軽なレジャーとして参加者が増えてきていることは確かなようだ。来週はどこかよさそうなところはあるかな?

2013.05.11

2013.05.11 雨久しぶり

 雨は夜7時過ぎまで1日降り続いた。このところずっと降っていなかったから、植物たちには恵みの雨だったんだろうな。庭に草木には妻が毎朝水をあげているけれど、自然の恵みは草木にとって違うものなのかもしれないね。その庭に咲いたシャクヤクがあまりに大きな花をつけたので支えきれずに頭を垂れるような格好になってしまったので、妻が切り花にして部屋に生けていた。雨降りで薄暗い部屋の中がパッと明るくなったようだ。

Img_0642

 お昼、イオン名古屋みなとベイシティに行ってきた。フードコートのリンガーハットで野菜たっぷりちゃんぽんを食べ、妻が買い物をしている2時間ほどをソファに座って本を読んで過ごしていた。ゴールデンウイークが終わった土曜日のお昼ということで、店内はそれほど混んでいなくて、モールのはずれに近いソファスペースは人の出入りもあまり多くなくて読書に集中できてなかなかいい時間つぶしだった。

 今週読んだ本は、そのイオンで読みはじめて、帰ってからも読みついで読了した星野智幸の「俺俺」(後半イマイチ)と、きのうの夜まで3晩かけて読み終えた角田光代の「ツリーハウス」の2冊。角田光代はさすがにうまいね。

Img_0644

 18時30分すぎ、雨がまだ本降りなのに西の空がピンクの夕焼けに染まった。あしたは天気になるだろう・・・というより、なんか天変地異でも起きやしないかというような空の色だった。

 あした晴れたら、また花めぐりのウォーキングかな? 天変地異は起きないよな・・・。

2013.05.10

2013.05.10 容赦無い

 起きだした6時30分には見えていた青空がどんどん雲におおわれていく。きのうの暑さの余韻(?)が残り、久しぶりに雨になりそうということで、ちょっともわっと湿った空気の中を走ってくる。きのうの暑さとか、朝晩の寒暖の差とか、からだがついていけていない感じで、けさは起き抜けからからだが重い。ズルズルと落ちていってしまいそうなペースを後半意識してあげる。なんか意地になってるなって感じの10.8km。

 さぬきうどんの「丸亀製麺」で、ざるうどんのざる(竹すだれ)の裏側にカビが生えていたとお客さまから指摘があった件が大きく報じられた。Facebookのタイムラインに画像つきで投稿されていたもので、丸亀製麺側は、この投稿には事実関係を認め、改善策も含めちゃんと回答していたものの、公式にこの事実を公表しなかったことを問題視されている。今はこの投稿は削除されていて、どのようなコメントをつけていたのかはわからない。

 このやりとりに、もっときちんとした回答をしないと不安が払拭されないというようなコメントツリーが続いていたようだが、1ヶ月ほど経ったきのうになってマスコミ(某通信社)が気づいたようだ、消費者の味方を標榜するマスコミにとっては、これは格好のネタということで、「消費者の不信が高まるのは必至」と容赦無い論調で報じている。

 Facebookのタイムラインに一般消費者も書き込みができるようになっていたこととか、最初の書き込みのあと、すぐに事実関係を確認してコメントを寄せたことなど、対応がそれほど悪かったわけではないのだが、最後の詰めが甘かった感じだ。早い段階で公式サイトで、事実関係の報告と対応策を講じたことを公表していれば、こういうことにはならなかったはずだ、

 それより、根本的にダメだったのが初動の対応だ。その時、お店にはパートさんとかしかいなかったのだろう、店舗できちんと対応できなかったことが残念だ。間違いを指摘されたりすることは、たしかに気持ちのよいものではないし、他にもお客さまがいただろうから、その場で「ざるにカビが」って言われたら、慌てたのかもしれない。でも、その時にどう対応するかで接客業の価値が決まる。「災い転じて福となす」で、クレームが大きな信頼を生むこともあるのだからね。

 それほど大きな落ち度があったわけではないので、マスコミも深追いはしないだろうから、すぐに終息するだろうと思うが、クレーム対応は最後まで気を抜いてはいけないことを運営会社のトリドールも身に沁みたことだろう。

 妻の2人の姉が名古屋に来る機会に、3姉妹で泊まりがけで伊勢神宮に行くという話がでてきて、今夜はその宿泊先探しを先ほどまでしていた。その昔、旅行業務取扱管理者の資格を取りたいと思っていたので、こういうことは大好き。まして、今はネットを駆使すれば、部屋食かどうかとか、部屋に風呂はついているかと、さらにはクチコミまで確認できてしまうから、便利な事この上ない。でも、先ほどのクレームではないが、匿名(ニックネーム)をいいことに、負の評価についてはここでも容赦無いので、ホテルも旅館も大変だ。

 おなじ宿泊プランを「じゃらん」と「楽天トラベル」の両方に出しているところも多かったが、総じて「じゃらん」の売れ行きがよかった。「楽天」は出張のビジネスホテルを取るためというイメージが強いのかな・・・。

 さて、あしたはお昼すぎまで雨が残る予報。久しぶりに映画ってのもありかな?

2013.05.09

2013.05.09 ちと淋しい

 出産のために奄美に帰る娘が挨拶に寄って行くというので、けさは6時起床。奄美大島ヘは名古屋からは直行便がなく、新幹線で大阪に向かい伊丹から飛んでいく。夏ダイヤは伊丹発が9時30分と早くなったので、名古屋を7時の新幹線に乗るのだという。産科クリニックが満員だったり、生まれ育ったところで産みたいという気持ちがあったりで、奄美に帰ることになったのだが、生まれてもすぐに顔を見られないのがちょっと淋しいね。

 これまで診察を受けていた名古屋のクリニックから、出産をする奄美の産科に移ることもあって、予定日は7月なので、まだ2ヶ月近くあるこのタイミングで帰っていったので、ホントに淋しいのはわたしたちじゃなくて、次男であり、娘のほうだけどね。

Dsc01762

 ふだんよりゆっくり新聞を読んでから走りだしたが、早く起きていた分、いつもより7分ほど早いスタート。でも、久々に整備されていた緑地の花壇の写真を撮ったりしながらゆっくり走ってきたので、帰路も含めいつもの顔ぶれとはほぼすれ違うことができた。予算の関係だと思うのだが、緑地の花壇はいぜんのように頻繁に植え替えは行われないし、花苗の数も少ない感じ。こちらもちょっと彩り淋しい感じ。

Img_0640

 無秩序にあれこれ植えられたうちの庭の話は、ちょっと前にも書いたが、バラに続いてシャクヤクが大きな花を開いた。つるバラも咲きはじめた。次々と目を楽しませてくれるのがうれしい。うちにも少しあるのだが、今の時期は走っていると、あちらこちらでジャスミンの良い香りがする。五感フルに爽やかさを感じられる良い季節だって思っているのだが、きょうの名古屋はあと一歩で真夏日の28.7℃まで気温が上がった。すぐに「暑いよぉ」っていうのがあいさつになる季節になってしまうね。気持ち良いのはほんのわずかな期間ってところが、ちょっと淋しい。

Img_0641


 キュウリはグングン大きくなってきていて、きょうつるを巻きつけさせるための棒を立ててあげた。早く収穫できるようにならないかな・・・。

2013.05.08

2013.05.08 安心

 けさの名古屋の最低気温は8.3℃。キレイな五月晴れが続いているけれど、半袖シャツから出た腕はちょっとひんやりする。息が上がらない「ニコニコ」ペースを維持していたら、日に日にジリジリとペースが落ちていたというのはきのう書いたとおり。けさは、落ちていたペースをちょっとだけ戻してみる。都合のいいことに、背中を追いかける「標的」となるゆっくりランナーもいてくれたので(笑)。結果、きのうより2分くらい速くなっていて、まぁ、なんとかイケるじゃんって安心できた10.8km。

 きょうは本社から作業用の帳票類が届かなかった。連休明けで業務が立て込んで出荷ができなかったんだろうなぁ・・・と想像するけど、出荷できなかったのなら一言連絡がほしかったなぁ。もうここまで待って来ないのならきょうは届かないと判断する時間まで、作業予定の変更を留保してたからねぇ。朝イチにでも聞いていれば安心できたんだけど。

 きょう5月8日は、コカコーラの誕生日だそうだ。ことしで127歳(?)だとか。はじめてビールを飲んだ時と、はじめてコーラを飲んだ時の「苦さ」「くすり臭さ」は、結構記憶に残っている。こどもの頃には「コーラを飲んでいると背が伸びない」なんていうとんでもないウワサ話もあった。今、ふだんはほとんどコーラを飲むことはないけれど、夏のJOGでは、自販機給水でよくお世話になる。「ゼロ」カロリーとかが出たせいか、なんか昔ほど苦くもくすり臭くもなくなったよね。

 対巨人3タテをめざすタイガース。8回に愛知県出身伊藤隼太の2ランで均衡を破ったところまでは上出来だったのだが、ランナーなしのこの場面で、そこまで好投を続けていた榎田に代打を送った采配がわからない。きのうおとといと先発ピッチャーが完投しているのだし、ここは榎田を8回以降もマウンドに送るのが当然だったのではないかと思う。

 正直、今のタイガースには安心できる守護神がいない。藤川がメジャーリーグに行ったあとを久保が担っているのだが、不安でたまらない。案の定、8回にセットアッパーの福原がソロホームランを打たれ、9回1点差でマウンドに上った久保が同点を許してしまう。今、これを書いている段階では、2対2で延長線に入ったところで、まだ負けたわけではないけれど、「たられば」が言いたくなる。きょうも「すぽると」を見て気持ち良く眠りたかったのになぁ・・・。

 【追記】延長12回、代打の神様桧山様の勝ち越し2ベースで3対2の勝利。結果オーライだけど、やっぱり今日の試合は榎田(背番号13)に任せるべきだった。

2013.05.07

2013.05.07 高望み

 6時30分起床。きょうも五月晴れ。新聞休刊日のけさは、鹿児島でプール開き、高知でセミが鳴き、帯広では雪が積もったというテレビのニュースを寝転がって見て時間を潰して、いつもどおりの時間に走り出した。自転車通勤組も戻ってきてふだんの朝の風景になった。きょうも苦しくならない「ニコニコ」ペースで10.8km。ただ、その「ニコニコ」ペースが日に日に遅くなってくるのは何故だろう? このままだと、あすにはkm5分30秒を上回りそうだなぁ。まぁ、べつにいいんだけど。

 きのうも月曜ルーティンの作業は済ませているので、きょうは休み明けで仕事がてんこ盛りということにはならないはずだったが、相手先も本社のメンバーも休み明けできょうから動き出すということで、夕方から夜にかけて矢継ぎ早に作業の依頼がやってきた。もっともそのあたりは想定済みで、早めにルーティンの作業は片付けておいたのでフレキシブルに動けたかな・・・。

Img_0633

 お昼ごはんを作ろうと鍋を火にかけておいて、ジャスミンとバラの花の写真を撮りに庭に出てみた。花は大好きだけど、美的感覚はなかった母親(絵心がないのはその母譲り)が、とにかくあれもこれもと無秩序に植えたので、見てくれは全然良くないけれど、春は次から次へと花が咲くのがうちの庭のいいところ。コデマリとハナミズキが終わって、ジャスミンとバラが花をつけている。

Img_0636

 そして、ことしは去年のゴーヤに替わって、キュウリを育てている。緑のカーテンにという期待ではなく、毎朝収穫できることをめざしているのだが、これって高望みかな? ようやくつるがでてきた。そろそろネットを準備しないといけないかも。

Img_0638

 きょうも阪神は巨人を下した。できることなら3タテといってほしいところだけど、あまり調子に乗ると足をすくわれるので、こちらも高望みはすまい。

2013.05.06

2013.05.06 アンチ

 世の中的にはゴールデンウイーク最終日ということだけど、個人的には「6時30分起床、7時15分スタートで10.8km走ってきてから仕事」という、いつもどおりの週明け月曜日として1日をスタートさせた。走って行ってみると、電車は土日祝ダイヤなので、駅前の人の流れが違うし、ほとんどの町工場は休みだったし、通勤の自転車ともすれ違うこともなく、雰囲気はまだおやすみモードだった。

 けさは、お日柄もよく本日new balanceのあたらしいシューズ(RT1100)をおろす。軽いシューズなのだが、残念ながら走りはちょっと重い。きのうもちょっと呑んでたしな。まぁ、こちらは当分大会参加の予定もないし、からだの「声」を聴いて、その日の気持ち良く走れるペースで走れば良いので、とくに問題はない。やっぱり軽めのシューズは楽だってことをあらためて感じたのが収穫かな。

 走りから戻って、通常の月曜日と同じく「週明け」のルーティン作業から仕事をはじめる。きょうも陽射しがたっぷりで、南向きの部屋の気温はどんどん高くなって、お昼前、そして昼食後しばらくのデスクワークは時々襲いかかってくる眠気を吹き飛ばしながらという感じ。思い切って少し仮眠してしまったほうが手っ取り早かったかもね。

 もともとフルタイム分の仕事の予定は入れていなかったし、幸い想定外の事態も発生しなかったので、16時過ぎまでで、きょう予定していた仕事を完了。買い物に出たついでにスタバでキャラメルマキアートとチョコレートスコーンでおやつタイムを。きょうの疲れを癒して、あすへの元気の源っていうことで甘いものを補給しておく・・・というのが大義名分。

0506

 最後に、きのう書けなかったことを2つ。

 中坊公平さんが亡くなった。最後、いろいろあって弁護士を廃業せざるを得なかったのは無念だったと思う。でも、それまでの業績、闘いの系譜に傷をつけるようなものではないと思っている。「金ではなく鉄として」を大泣きしながら読んだ記憶がある。「アンチ大企業」「アンチ巨悪」の人だった。ご冥福をお祈りしたい。

 そして、国民栄誉賞授与だ。アンチ巨人のわたしとしても長嶋茂雄氏に「国民栄誉賞」が授与されることについては、異存はまったくない。いろいろタイミングというものがあったと思うが、遅すぎるという声ももっともだと思う。ただ、もう一人の受賞者であり、これに合わせて長嶋茂雄氏の本を出版したり、このセレモニーを独占中継した読売グループであり、ちゃっかり人気取りに利用した安倍首相については、釈然としない思いが残る。

 その巨人ときょうから3連戦の阪神。ここは早々とシーズンの行方を決することにならないよう、できれば3タテ、最低でもカードでの勝ち越しというのが至上命題。とりあえず先勝した。あしたもがんばってくれ!

2013.05.05

2013.05.05 花めぐり2

 きのうは「チューボーですよ!」から「すぽると」そして読書の続きと、眠ったのは1時をかなり過ぎていた。焼酎も結構呑んでいたので、ハッキリ覚えていない(;´∀`)。それでも、けさは7時過ぎに何とか起きだす。8時スタートで、けさもいつもの緑地を2周の10.8km。100kmウルトラから1週間、この連休中は遠出はしないことにした。

 気持ちのよい五月晴れのもと、きょうも妻と「花めぐり」。9時30分にうちを出て、名鉄電車で江南へ。バスを乗り継いで「曼陀羅寺公園」に藤とぼたん、シャクナゲを見に行く。

Img_0619

 きのう見ていたサイトの開花状況では藤は「散りはじめ」、シャクナゲは「見頃」ということだったが、藤はまだまだ満開を保っていた。逆にシャクナゲは、まだまだつぼみが多く、次の週末くらいが見頃かな。ぼたんはほぼ散り終えてしまっていた。それにしてもぼたんって大胆というか、おうちゃくいというか、「ボンっ!」と音を立てているような見事な咲きっぷりだね。

Img_0622

 江南駅前でお昼を食べて(コンビニもない駅前になぜかピザとパスタのお店が1軒あった)、名鉄犬山線を上小田井まで戻って、ここから名古屋市営地下鉄鶴舞線で1駅。秋にはマラソンで来ている庄内緑地公園で、きょうはバラとナンジャモンジャを楽しむつもりだったのだが・・・。

Img_0624

 ここのナンジャモンジャは、きのうの名古屋国際会議場周辺の街路樹とは違って、自由に枝を伸ばせる環境なので、遠目にもそれは見事な花の咲かせっぷりだった。こちらは今がちょうど満開だ。で、最大の目的だった「バラ」には、まだ2週間くらいは早かったという感じで、ほとんどがつぼみ。早咲きの何種類かが花をつけていたが、それもまだ満開にはちょっと早いという感じで、こちらは残念な結果に終わってしまった。

Img_0632

 かわりに、ショウブ池でカルガモの親子を目撃。おかあさんのうしろをぴょこぴょこ歩いたり、くっつくようにして水面を泳いでいる姿は、微笑ましく可愛い。周囲に常に気を配っているおかあさんの毅然としたところもまたいい。幼児虐待とか育児放棄とか、人の親としておよそ想像できない事件のニュースには、心が痛いけれど、このカルガモの親子にはホッとするなぁ。

 きょうの「花めぐり」で、ことしのゴールデンウイークのお出かけの予定はおしまい。あしたはフルタイムに近い量の仕事をこなす予定。その分は週の半ばでちょっと調整しちゃおうかな・・・観たい映画もあるし。日曜日の夜だから、本来は休肝日。あしたは仕事もするんだけど、カレンダーどおりということで、少しだけ呑もうかな(*´∀`)

2013.05.04

2013.05.04 花めぐり

 きのうの夜は仕事を片付けてから、いも焼酎のロックをいただきながら読書の続きを。眠ったのは1時。7時のアラームを止めてから二度寝に突入するが、さわやかな五月晴れがひろがっているのがわかるので、7時15分に起きだして、8時10分スタートで走りに出た。朝の空気のひんやり感はかなり薄らいで、気持ちのよい青空だ。けさもいつもの緑地内2周の10.8km。ほぼふだんと同じペースに戻ったが、右足底の疲れがとれていない感じ。この連休中は距離を踏むのはやめておいたほうがよさそうだ。

Img_0602

 きょうは「花めぐり」の1日。午前中、食品スーパーの買い物につきあったあと、となりの熱田区の名古屋国際会議場周辺の街路樹として植えられている「ナンジャモンジャ」の花を見に行く。日本では対馬、岐阜県木曽川周辺と愛知県にしか自生していないという珍しい木。この白い花は新緑の葉に季節外れの雪が積もったようにも見えてなかなかいい眺めだ。

Img_0611

 夕方からは、名古屋港ワイルドフラワーガーデン「ブルーボネット」へ。ふだんは17時までの営業だけど、この4連休中は20時までの営業でライトアップした風景が楽しめるということだった。樹々は下からライトがあてられることで、昼間の新緑とはまた違った趣があるが、花壇(フラワーガーデン)全体を光で浮かび上がらせているわけではないので、うわぁ、キレイというほどの感動はないが、まぁ、これも一興。

Img_0612

Img_0615

 その花めぐりの間のきょうの昼食は、きょうまで帰省している長男と、次男夫婦とわたしたち夫婦で中華のミニランチコースをいただいた。家族5人で食事をするってありそうで、じつはあまりなかった。お正月は、妹夫婦もきていてもっと人数が多い食事だし、次男の嫁(娘)は介護関係の仕事なので、お正月も仕事にでていて食事の時間があわないこともあった。なので、5人で外食ってもしかしたらはじめてかも。兄弟は仲良くやっていってほしいというのは、親の思いでもあるので、いい時間だったかな。

 もうすぐ、出産で里帰りしてしまうので、母の日も、父の日も名古屋にいないという娘が、長男の誕生日(5月だ)も兼ねて、ここの会計は払ってくれた。その意味でもいい時間だったかな(^-^)

 商品価格マスタに誤登録があるという電話が入ったが、連休中、かならず何かがあるというのは想定の内。早めに判明して大事に至らなかったのが幸い。さて、あしたは藤? それともバラ?

2013.05.03

2013.05.03 はぁ・・・

 けさもちょっとひんやりの気持ち良い五月晴れ。きのうは仕事がかなり押して、すべて片付いたのは23時すぎ。それからお風呂に入って、あたたまったところでサッと眠ってしまえばいいものを、それから、ちょっと自棄っぱちな気分(?)で焼酎のロックを煽って、本を少し読み・・・

 ということで、けさは起きようと思っていた7時にはベッドを抜けだせず。それでもなんとか7時15分には起きだした。きょうは仕事をするつもりなので、早めに走りに出ることにして8時05分スタートでいつもの緑地へ向かう。再開2日目、右足足底にちょっとハリがでてきたような感覚があったが、とくに問題になるようなことはなく、ペースもほぼ戻った。でも「復活」とまではいかないな。

 送られてくる仕事の材料には「名古屋オフィス」宛という送り状がついてくる。でも、自宅なんだけどね。配送業者には土日祝も配達してくれるよう依頼してあるのだが、きょうはどうも「オフィス」宛だからと留置になってしまっていたようだ。急遽、集荷を依頼してきてもらったドライバーさんを通じて、確認をとってもらい、そのドライバーさんが折り返して届けてくれたのが16時。作業の順序を入れ替えたけれど、荷物が届くのを待つ時間ができてしまった。デーゲームの野球中継を観る手もあったが、結局、きのうの夜読みかけた本を手にとった。その遅れの影響もあって、今夜の仕事終わりは22時少し前。でも、これであすあさってはフリー(のはず)だ。

Dsc01761

 午前中、インターホンが鳴った。仕事の荷物が来た!と急ぎ出て行ったら、べつの宅配便業者さんが立っていた。届いたのは、キリンビールの新しい第3のビールの試飲缶。14日の発売に先駆けての試飲サンプリングだ。缶には「キリンじゃなくちゃつくれないものをもう一度つくろう」というメッセージが書かれている。このところ、日本の製造業、とりわけ、一時代を築いた大手企業の元気がない。今、必要なのは奇をてらうことではなく、「ものづくり」の原点に立ち帰ることなのだろうと、偉そうに思っているのだが、その意味で、このメッセージはとてもいい。早速冷蔵庫で冷やしておいたのだが、今夜は、もうこのあと、焼酎かなって思っているので、あすにも、その自信作を味わってみよう。

 はぁ・・・、ちょっと疲れた。(*´д`*)ハァ

2013.05.02

2013.05.02 再開

 スッキリと雲ひとつない青空のもと、きょうから「朝RUN」再開。ということは、いつもどおりの生活パターンに戻るということ。6時30分に起きて、朝食を摂って、7時15分頃に走りだすという時間感覚は、やっぱり慣れ親しんできたので動きやすい感じがする。

 けさは北風がやや強めに吹いて半袖にはちょっと冷たい。気温は朝7時でジャスト10℃。青空がとにかく気持ちいいっ! きょうは、ふつうにしてるとわからないが、走るとでてくる脚の疲れを確認するためと、リハビリ(?)のための走りなので、ゆっくりと走り出す。

 走りはじめてすぐに左膝の裏側にハリを感じはじめるが、これはたいしたことないだろうという経験則のもと、そのまま走っていく。いつもの緑地は、4~5日見なかっただけなのに木々の緑がうんと濃くなって、木陰がひろがっていた。成長しているんだね。左膝のうしろのハリは緑地に着く頃には気にならなくなったが、こんどは腿の前側にハリが移ってくる。でもこちらも思っていたほどではなかった。最悪の場合、緑地の入り口までで引き返すようなこともあるかもと思ってスタートしたのだが、予想を裏切る回復ぶりという感じでホッと一安心。あとは走りながら戻していけるなってところ。

 けさの緑地は時間と曜日を間違えたのかと思うくらい、いつも出会う通勤の人の姿を見かけなかった。あの緑地の先や、うちから緑地までの新幹線沿いは、製造業のところが多いので、ラインを止める関係でここは大型連休というところが多いのかな。

 わたしは、このあとの4連休もあすと6日はフルタイムではないにしても、ある程度ルーティンの作業をするために仕事をする予定なのだが、それでも、少しはデスクを離れられるようにと、きょうは繰り上げられる作業はかなり前倒しで進めておいた。でも、なんかきょうこうして根を詰めちゃうのと、あすふつうに仕事をするのとどっちが楽かって考えちゃうなぁ。(;´∀`)

Dsc01760

 毎月、赤福の「朔日餅」をいただくのが去年からの楽しみ。5月は「柏餅」。赤福のこしあんの甘さが、疲れをほぐしてくれる感じだ。

2013.05.01

2013.05.01 あとちょっと

 ちょっと体調が戻った昨夜は、0時30分過ぎまで本を読んでいた。読了したのは大好きな小路幸也の「東京バンドワゴン」シリーズの最新「文庫」の「オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ」。作者自身も巻末に「あの頃、たくさんの涙と笑いをお茶の間に届けてくれたテレビドラマへ。」というオマージュを寄せているが、まさに「時間ですよ」とか「寺内貫太郎一家」といったホームドラマのようなシリーズだ。いくつかの事件やエピソードが、時を経てまたつながったり、こどもたちがだんだん成長してきたりと、巻を重ねても楽しみは尽きない。

 けさも走らないと決めていたので、7時起床。外はスッキリと晴れている。夜明け前にかなり汗をかいたので、寝起きのからだもスッキリしている。やっぱり微妙に熱があったんだなぁ。もう階段も手すりにつかまらずに降りられるようになったので、あとちょっとというところかな。たぶん、あすの朝から「朝ジョグ」が復活できるんじゃないかな。きっとびっくりするくらいスピードは出ないだろうけれど。(*´д`*)

 顔のガサガサは、額の皮があっという間にひと皮むけて一段落。くちびるのガサガサもほぼ収まった。鏡を見るとメガネのフレームの部分だけあまり焼けていないし、われながら「こ汚いおっさん」って感じにしか見えなくて苦笑い。もともと色素の数が少ないからだろう、赤くなることがあっても黒くはならない人だったのだが、ここ数年、夏に結構大胆に焼いているので、少しはアウトドア派に見られるようになってきた感じだけど。

 月初のきょうは、仕事が結構「大盛り」で、いやぁもう、「ごちそさまでした」という感じ。これがあとちょっと多くて「特盛」だったら、もうダメ!ってことになったかも。でも、なんとか予定していたものはほぼ完了したし、予定外の進捗もあって、なんとか無事1日が終わりました。よかった、よかった。

 さぁ、あすは復活の日となるだろうか?

« April 2013 | Main | June 2013 »

December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Categories

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味