« 2017.04.06 入館 | Main | 2017.04.08 3分の1 »

2017.04.07

2017.04.07 お別れの会

 62歳で逝ってしまった先輩とのお別れの日。余命1ヶ月を宣告されてすぐから、自ら葬儀会館の担当者と細かく段取りしたという「お別れの会」に行ってきた。会のあと、出棺、斎場に向かうというところだけが、ふつうの告別式と同じで、それ以外は、献花はしたけど、僧侶はいないし、お経も焼香もなし。だから数珠はいらなかったな。

 スライドショーでこれまでの人生を振り返った後に、お礼のことばが映し出され、それを当人が読み上げる。「笑顔でお見送りいただければ幸いです」結ばれたそのあいさつは、病室で録音されたものだという。

 昔から真面目で几帳面で、段取りをキチンとつけ、気配りも欠かさない先輩らしい「お別れの会」だったけど、最後は、ここまでしなくても、みんなに甘え、わがままに振る舞えばよかったのに・・・って思ってしまう。でも、わがままに過ごすには1ヶ月は短すぎたんだろうなぁ。

 笑顔で送ってほしいというご本人の願いに、なんとか応えられたかなって思うのだが、スライドショーの中でと、献花の時にくり返し流された、本人が唄うアリスの「帰らざる日々」は、たまらなかったなぁ。あらためて聴いてみるとすごい歌詞だったからね。

 じぶんのお別れの会をプロデュースしておこうとまでは思わないが、エンディングノートはそろそろ作っておいたほうがいいのかも。社員持ち株会に預けてあるうちの会社の株券も、わたしの名義に書き換えておいたほうがいいなとか、遺産相続(といっても、わたし自身が父母から相続したものだけど)についても、みんなに等しく渡るような道筋を考えておいたほうがいいなとか・・・。この間も書いたけど、来年には父親が逝った63歳になるのだし、もうすごろくの上がりは近いんだろうからね。

 高校の部活でお世話になった先輩なのだが、その部活の仲間できょう参列していたのは、わたしに会いたいって言っていると連絡してくださった先輩(友人代表も務めていた)と、もうひとりの先輩だけ。わたしたちの年代は、わたし以外名古屋にいないので、連絡はしなくていいって本人から言われていたので、誰も参列していなかった。これも、先輩の気配りなんだろうな。

 あらためて思うこと。先輩にしろ、後輩にしろ、あと、趣味の仲間でも、仕事の仲間でも、とにかく「会える」チャンスがあるのなら、会っておかないと後悔するだろうなってこと。「呑みませんか?」って、声をかけたら断らないでくださいね(笑)、そして誘われたら、スケジュールをあわせられるものは断らないようにしなくちゃ・・・って、単に呑みたいがための口実かな(爆)

« 2017.04.06 入館 | Main | 2017.04.08 3分の1 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7700/65120833

Listed below are links to weblogs that reference 2017.04.07 お別れの会:

« 2017.04.06 入館 | Main | 2017.04.08 3分の1 »

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Categories

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味