« 2018.02.16 久々に・・・ | トップページ | 2018.02.18 娘ふたり »

2018/02/17

2018.02.17 羽生さんと羽生くん

 きょうは、やたらとニュース速報が送信されてきた1日。名古屋ローカルのニュース枠もネタ満載というところ。最初の速報は、将棋の公式戦(朝日杯)準決勝で、藤井聡太五段が、羽生二冠を下したというもの。羽生結弦の大ファンの羽生二冠の奥さんの理恵さんは、この知らせにまず涙することになる。ツイッターには、「羽生敗れる」って縁起でもないと羽生結弦ファンの嘆き節も。

 フィギュアのフリーは、きょうも怖くてリアルタイムで観ることができなかった。裏で放送されていた、中国に敗れた女子のカーリングを観て、時間を潰していた。テレビのチャンネルをフィギュアのフリーに合わせたのは、宇野昌磨のフリーの演技が終わるちょっと前。宇野くんが冒頭の4回転で転倒していたことは知っていたので、羽生結弦の金メダルが確定と言っていいタイミングだった。

 宇野昌磨の銀メダル獲得の瞬間は、同時に、羽生結弦の金メダル確定の瞬間というわけで、メダル候補が集まっていた控室を撮った映像で、涙している羽生結弦、カメラに向かって「ありがとう」と言っている姿はLIVEで観ることができた。2人の演技をVTRで観ることができたのは、それから30分以上経ってからだった。このあたりもいろいろ大人の事情があるんだろうな、羽生くんの金メダルに、羽生二冠の奥さん、理恵さんは、こんどはうれし泣き。観客席では織田信成が号泣していたらしい。

 なかなかフリー演技のVTRが流されない間、インタビューや、表彰セレモニー(メダル授与ではない)が放送されていたのだが、羽生くんに頭をポンポンと叩かれたり、まるで「弟」のように接してもらっていた宇野くんがかわいかったなぁ。20歳なのに、まるでこども扱いだったもんな(笑)。まぁ、インタビューでも「あ、まだこのあと表彰式あるんですか?」なんてトンチンカンなこと言ってたし、リンクを出ると、なんかそんなふうにいじりたくなる感じだよね。

 夕方、藤井聡太五段が、朝日杯に優勝したという速報が流れた。史上最年少15歳6カ月での棋戦優勝で、その優勝で六段への昇格が決まった。こちらも史上最年少だそうだ。

 トップアスリートが競技に挑む姿勢って、伝わってくるものがあるよなぁ。もちろん、すべてを真似ることはできないけど、じぶんなりに「がんばって」みようって思いにはなる。きのうからの右足の違和感がまだあるので、きょうは走るのをお休みしちゃったから、あしたがんばろう(笑)

« 2018.02.16 久々に・・・ | トップページ | 2018.02.18 娘ふたり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018.02.17 羽生さんと羽生くん:

« 2018.02.16 久々に・・・ | トップページ | 2018.02.18 娘ふたり »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味