« 2018.03.07 ありがたいこと | Main | 2018.03.09 プレモル持って »

2018.03.08

2018.03.08 恩返し

 雨で走れないことを想定していた朝、雨雲レーダーを見るとなんとか1時間くらいは降らずにいてくれそうなので、いつもどおりの朝ランにでる。灰色の雲に覆われて、今にも雨が落ちてきそうな空だったが、帰り残り600mくらいでポツリときただけで、なんとか無事走りきれた。うん、これはツイてるぞ!と思ったけど、その後、とくにラッキーなことは起きなかった。

 きょうの緑地の1周目。国道をくぐるほんの短いアンダーパスで、何故か立ち漕ぎしている自転車の女子高生を追い抜かす。その後、平坦になってもほぼ並走するようなペースだったので、学校に向けて出ていく西の端までの1kmちょっと、最後までリードを保って走りきれた。・・・っていっても、5:15/kmくらいだから、通学途中の女子高生のほうが自転車のくせに遅いだけ。朝から、こんな元気のないことじゃダメじゃんって言いたくなってしまう。学校に行きたくないってことなのかな。もうテストも終わって春休み待ちだろうに。
<10.6km 5:39/km 54.0kg 11.0%>

 中学3年の最年少棋士藤井聡太六段が、きょう師匠である杉本昌隆七段と、公式戦(第68期王将戦1次予選2回戦)で初対決した。千日手となったあとの指し直しの末、111手で師弟対決で勝利をあげたという。将棋の世界では、師匠に弟子が勝つことを「恩返し」というらしいのだが、終局後のインタビューで杉本七段は、「師匠は私がプロになる前の19歳のときに亡くなり、公式戦での対局はかなわなかった。形を変えて、師匠という立場だが藤井六段と対戦できたのはうれしかった」と、目を潤ませていたという。

 勝負に負けたのは当然悔しいだろうけれど、頼もしく育った弟子の姿は、とてもうれしい「恩返し」だっただろうなぁ。それを物語るように、終局後も1時間以上、笑顔で対局を振り返っていたらしい。

 身近な「恩返し」といえば「親孝行」ってことになるのだが、「親孝行したいときには親はなし」とはよく言ったもので、父は、わたしが36歳の時に早々と逝ってしまい、ことしは27回忌だ。母親とは折り合いが悪く、ほとんど口を利かないできの悪い息子だったうえに、単身赴任で福岡にいた時に亡くしているので、死に目に会えずじまい。後悔先に立たずだなぁ。

 なんか、突然、そんなことを思いはじめて、今夜は涙している・・・っていうのは嘘。雨降りというのに、きょうは花粉症の症状が重く、朝からずっと泣いているというのがほんとうのところ。目は掻きすぎてヒリヒリしてきた。あ、これも親不孝の報いかな。

« 2018.03.07 ありがたいこと | Main | 2018.03.09 プレモル持って »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7700/66474844

Listed below are links to weblogs that reference 2018.03.08 恩返し:

« 2018.03.07 ありがたいこと | Main | 2018.03.09 プレモル持って »

November 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Categories

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味