« 2018.05.21 暴挙 | Main | 2018.05.23 乗っ取られた »

2018.05.22

2018.05.22 情けない

日大のアメリカンフットボールの選手による悪質な反則について、反則をした選手本人が実名公開、顔出しの記者会見というかたちで、その経緯を語った。警察に被害届がでているという状況で、その対象となっている本人が会見で語るって異例中の異例だね。

 語った内容をネットニュースで読んだけど、「顔を出さない謝罪はない」との理由で顔出しすることを決意したという覚悟もさることながら、試合に出るためには「相手QBを潰すしかない」と追い込まれていった経緯を極めて率直に語ったことには敬意を表したいくらいの気分。もちろん、行なった行為はどんな理由、どんな指示があったにせよ肯定できるものではないけれどね。そうそう、監督よりも先に、個人として相手選手とその家族に謝罪に行っていたんだそうだ。はじめは「謝罪に行きたい」っていうのを止められたというから、日大は何を思っていたのかまったく解せないね。

 これを受けて、前監督、コーチ陣、そして大学関係者がどういう回答をするかということだけど、もう完全に遅きに失しているわけだから、どんな御託をならべても、これはもう非があることは明らか。ボタンをかけちがえたよね。内田前監督が相手QBに謝罪に行ったあとの伊丹空港での会見の映像を見ていて、全然反省していないなって思ったのはわたしだけじゃないだろう。

 相手の大学名をなんども言い間違えたのも気になったけど、あのキレイなピンクのネクタイはどうなんだろうね。日大カラーということらしく、学内であれば「正装」ということなのかもしれないが、そんな事情を知らない被害者とそのご家族の目にはどう映っただろうね。わたしは、違和感のかたまりだったなぁ。東京に移動して、羽田空港での囲み取材の時には、ノーネクタイ姿だったから、まずいよって声があったんだろうけど、傲慢さに気がまわらないくらい、日大に君臨していたってことだろう。権力が集中することで、まわりが見えなくなっていたんだろうなぁ、情けないことだ。

 加計学園問題をめぐる愛媛県の新しい文書のニュースは、この会見のニュースにすっかり隠れてしまった(敢えてそうしたのかな?)。「その日に会ったことはない」「官邸の記録でも確認できなかった」と、安倍総理は、今回も明確に否定しているけど、よほど逃げ切れる自信があるとみえる。せっかく、これだけの材料がでてきているのに、野党の追求はイマイチなのも情けない。「いつまでもダラダラしてんじゃないよ、やらなくちゃいけないこと、決めなくちゃいけないことがいっぱいあるよね」って感じで、正直、うんざりしているところもある。

 国会はちゃんとその仕事をする場にして、加計学園も森友学園も、第三者に徹底した調査を行わせたほうがいいだろうにね。ホントは、司法の場で公正に裁ければいいんだけど、刑事罰に値しないことばかりだからなぁ・・・。なんか、すっきりしないよねぇ・・・どれもこれも。

« 2018.05.21 暴挙 | Main | 2018.05.23 乗っ取られた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7700/66748953

Listed below are links to weblogs that reference 2018.05.22 情けない:

« 2018.05.21 暴挙 | Main | 2018.05.23 乗っ取られた »

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Categories

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味