« 2018.06.28 時間がかかる | Main | 2018.06.30 MAEMUKI »

2018.06.29

2018.06.29 不思議の負け

 プロ野球の野村元監督がよく使ったことばに「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」というものがある。野村克也氏のオリジナルではなく、もともとは、江戸時代の大名松浦静山の言葉だそうだ。

 きのう深夜のサッカーのワールドカップ予選リーグの日本vsポーランド戦を観終えて、このことばを思い出した。ベスト16(決勝トーナメント)に進出するためには、ここは「負け」を受け入れるという采配は、個人的には納得がいかない。

 後半、1点ビハインドになったあの時点で、通常取り得る戦術は、自力突破をめざしてまずは同点にすべく攻めることだと思う。もちろん、ポーランドが引き気味に守りを固めながらカウンター一発を狙っていたのは明らかなので、同点狙いがさらなる失点につながるリスクは大きい。

 実際にとられた西野采配にも、セネガルが同点に追いつくかもしれない、さらには勝ち越すかもしれないというリスクがあった。「結果がすべて」だから、ベスト16入りを決めたこの采配が正しかったということになるのだが、なんとも「不思議な負け」だ。

 練習以下の緩いパス回しに徹する日本、そして、それを奪いにこうとしないポーランド。どちらの国のサポーターでもないロシアの観客が席を立ったのはおおいに頷ける。個人的には、日本人のわたしでも大ブーイングだっただろうし、途中で席を立ったかもしれない。大げさにいえば、サッカーという競技に対する冒涜のようにも思えるなぁ。

 唯一「いいな、これ」って思ったのが、その戦術を徹底するために投入された長谷部に対して、それまでも「攻撃するな」だった戦い方が、より明確になったことかな。西野監督は選手に信頼されている(意識が統一されている)って思えたからね。

 さて、決勝トーナメント初戦のベルギー戦。FIFAランク3位のチームだからねぇ・・・。ここでは「不思議の勝ち」はあるかな(笑)

« 2018.06.28 時間がかかる | Main | 2018.06.30 MAEMUKI »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7700/66883594

Listed below are links to weblogs that reference 2018.06.29 不思議の負け:

« 2018.06.28 時間がかかる | Main | 2018.06.30 MAEMUKI »

September 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Categories

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味