« 2018.10.28 四国2日目 | トップページ | 2018.10.30 四国コンプリート »

2018/10/29

2018.10.29 おさかな三昧

 四国の旅3日目。きょうも秋晴れ。心がけよかったんだなぁ。本日は、高知のホテルを出て、まず桂浜に。あいかわらず波はうねりを伴っている。竜馬像のある高台でも、波がくずれる大きな音が腹に響くようだった。おなじ太平洋でも、伊良湖岬とかではこんな大きな音はしないですね。11月下旬まで、竜馬像のすぐ横に仮設の展望台が立てられていて、竜馬の顔を真横から見ることができる。入場料(?)100円也。

Simg_4932

 その後、北川村の「モネの庭」マルモッタンへ。じつは妻がこのツアーの中でいちばん行きたいって言っていたところ。 モネがこよなく愛したフランス・ジヴェルニーの庭を、クロード・モネ財団の指導を仰ぎながら再現したもの。睡蓮に至っては、ジヴェルニーの庭から株分けしてもらったという。

 まぁ、空が南国高知の色だから、まったくおなじとは言えないけれど、かなり忠実に再現されているという印象。人も少なく、ゆったり雰囲気を味わえてよかったなぁ。

Simg_4936

 きのうの足摺岬につづいて、もうひとつの四国のトゲの先っぽ室戸岬に向かう。そのすぐ手前の料亭 花月で、キンメ丼をいただく。キンメダイ、ハガツオ、カンパチの刺し身とキンメ鯛の照焼きがたっぷり乗った丼。まず、お刺身をいただき、照り焼きを半分ほどいただいた後に、キンメのあらでとったお出しをかけてお茶漬け風にしていただく。ハガツオのお刺身がおいしかったなぁ。

 室戸岬では、ガイドの女性についてもらって、自然の節理とか植生とか、空海が修行をしたといわれる洞窟などを見て回る。こんぴらさんでも思ったけど、ガイドをしてもらうと目のつけどころ(?)が変わるね。このあたり、今回のツアーの企画者のこだわりを感じるな。

Simg_4943

 室戸岬からは、四国の東岸をひたすら北上。宿泊地の鳴門まで。いやぁ、きょうも移動距離が長い。バスのドライバーさんに感謝。今夜の夕食は一転してイタリアンのコース。ここでも鯛のポアレと、地元のお魚をいただく。移動距離もすごいけど、毎食毎食の「おさかな度」もすごいな。

« 2018.10.28 四国2日目 | トップページ | 2018.10.30 四国コンプリート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018.10.29 おさかな三昧:

« 2018.10.28 四国2日目 | トップページ | 2018.10.30 四国コンプリート »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味