« 2019.11.09 持て余す | トップページ | 2019.11.11 反省 »

2019/11/10

2019.11.10 ガチ走りはゴメン

今シーズンのフルマラソン初戦(といっても、もうあと1本あるだけだけど)のいびがわマラソン。目標の「サブ4」(4時間以内完走)はなんとか達成できたけど、正直、めっちゃきつくてきつくて、もうしばらくはガチの走りはゴメンだな。
<3:57:26 5:38/km>

 タイムだけ見れば、なかなか立派なサブ4だけど、実のところ、初フルのいびがわマラソンのサブ4より、うんときつかった気がする。スタート前、背中に感じるあたたかい陽射しに、長袖のアンダーシャツを脱ごうかどうか迷ったところからはじまって、結局着たまま走ったら、めずらしくいきなり汗をかいて、ところが、3kmの橋のところにあった給水を取りそこね、こころの中は少なからず「パニック」。

 その後も想定違いが続き、だんだん最高点に近づく17~18kmあたりでは、過呼吸のような状態に。藤橋の道の駅の裏側の下り坂で呼吸を整えたものの、落石の恐れがあるということで、往路を戻るかたちにコース変更された久瀬橋から揖斐峡大橋までの区間でもまたまた過呼吸のような状況になり、30km手前の仲間の応援にはまともに応えることができず、心配をかけている。

 30km過ぎからは、左足親指が攣る。かばって変な動きをすると、こんどはふくらはぎいっちゃいそうなので、ロング練習の最長が、1週間のマラニック30kmだったという状況では、とにかく、粘り切るしかない。ここは痛くても、ふつうの走りを心がける。そんなランナーには、39km過ぎから3km強の堤防の走りは、絶望的な長さに思えてくる。きょうはお天気もよく、ゴール近くの建物もくっきり見えたので、その絶望感は倍加。

 あちらこちらで応援してくれた仲間たち。この多さは、いび川ならではだね。そのおかげで、なんとかサブ4が達成できた。みなさん、ほんとにありがとう。とくに30km手間にいてくれた何人もの仲間たち、ボロボロですみませんでした。。でも、応援のおかげでなんとか粘れました。逆光で、ひとりひとりの顔がいまひとつ確認できなくて、すみませんでしした。あと、ラストの堤防上で「サブ4いける!」としばらく伴走してくれたけんさん、おなじく堤防上で、のりの良いサウンドで応援してくれたDJミントさんはじめ、みなさん、ありがとうございました。

Simg_6135_20191112000401

 きょうは、わたし、なっちゃん(次男の嫁)、次男の3人でいび川を走りました。なっちゃんは5時間2分(グロスタイムでの5時間切りを意識しようよ!)、次男も5時間40分(去年までの制限時間だったら関門アウト)で無事完走できました。でも、3人以上にがんばったのが、孫2人の世話をしてくれたば~ば(妻)だ。おつかれさま。

 次は、100kmウルトラ。今回のサブ4ガチよりは楽かなと思うけど、泥縄にならないタイミングで「ゆっくり長く」はやっておきたいね。

« 2019.11.09 持て余す | トップページ | 2019.11.11 反省 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019.11.09 持て余す | トップページ | 2019.11.11 反省 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 美容・コスメ
  • 趣味